ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.8.6

姜秀衍 今季2勝目には一歩届かず

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

北海道 meiji カップ 札幌国際カントリークラブ 島松コース(北海道)最終日

 7番ホールでの痛恨のダブルボギーが悔やまれる。2日間通算7アンダーの単独首位でスタートした姜秀衍だったが、この日は4バーディー、1ダブルボギーの2アンダー70でラウンド。スコアを伸ばすものの、優勝した森田遥に1ストローク足らずで今季2勝目を逃した。

 「優勝できなかったのは残念ですが楽しい3日間でした。昨日までの2日間は特にパッティングがよかったんですが、今日はそれがあまり良くなかった。もっと頑張って次はいい結果が出るようにしたいです」。

 このコースを得意だと話していた姜だけに、混戦になるほど優位にゲームが運ぶかと思われたが、7番ホールのパー3でまさかのダブルボギーを叩く。しかもその前のホールでバーディーを獲っていただけに、本人にとってもまさかのミスだったに違いない。タラレバはもちろん禁句だが終わってみれば、このダブルボギーが響いた結果となってしまった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter