ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.8.20

さらけ出して新境地 菊地絵理香、2位の収穫

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

CAT Ladies 大箱根カントリークラブ(神奈川県)最終日

 心境地を開いた。菊地 絵理香、結果は2位。ところが、ズシリと手応えがあった。「この3日間、ショートパットをひとつも外していない。優勝に手が届かなかったのは残念だけど、パッティングの不調からは抜け出しました。それにしても、優勝争いがこんなに楽しいとは…。もっと練習を頑張れる気持ちになりました」と振り返っている。

 同時に、意外な一面も感じられた。菊地は沈思黙考のタイプ。不安などを口にすることは極めて少ない。それが、「ショートパットがダメ」、「パッティングの瞬間、ドキドキしている」など、心中をストレートに表現した。また、Tポイントレディス ゴルフトーナメントで優勝した際など、あえてスコアボードで戦況をみないように-が流儀。ところが、「トップとの差を確認しながら、自分へプレッシャーをかけながらプレーしました。10、11番で連続バーディーがきて、あと2つスコアを伸ばそう。とても難しい15、16番でバーディーを獲ろうと狙っていきました」とも語る。

 さらには、「私は、不安を抱えた時は、人に言いたくない。当然、そればかりを考えてしまって、眠れないことが多い。本当は、メディアの皆さんへ、そんなことをいいたくありません。グチのように思われるから…。でも、今回はあえてすべてを言葉にしてさらけ出した。プレッシャーをかけ、言葉にしてみることも無駄ではありませんね」と心の内を表現した。次週は試合を休み、オープンウィークに充てる。

 「体力というより、脳を休めるのが目的です。ただ、特に予定もないし、何をしたら…。それも考えるのが楽しみになった」。飛躍の秋へ向け、態勢を整える。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter