ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.8.21

シブヤカップ 開催!

 45歳以上を対象とした、2017年LPGAレジェンズツアー第3戦 『シブヤカップ』(賞金総額2,000万円、優勝賞金300万円)が8月23日(水)から25日(金)の3日間、石川県金沢市のゴルフ倶楽部金沢リンクス(5,771ヤード/パー72)で開催される。

 本大会は、国内トップシェアを誇るボトリングシステムや、再生医療システムの製造を手がける日本有数の機械メーカー、澁谷工業株式会社の主催で、今年で第4回の開催となる。今年度は賞金総額が500万円増額の2,000万円となり、一方で予選カットは無く、3日間戦い抜いた選手全員に賞金が配分される。そして新たに60歳以上を対象としたグランドシニアの部(5,214ヤード/Par72)を設け、8月24日(木)から25日(金)の2日間、賞金総額250万円、優勝賞金50万円をかけて15名の選手が争う。

 本大会の主な出場選手は、ディフェンディングチャンピオンの鬼澤信子をはじめ、今年のレジェンズツアー優勝者の斉藤裕子、白戸由香、開催コース所属の矢部裕子、レギュラーツアーで活躍した塩谷育代、肥後かおり、藤井かすみ、高村亜紀、木村敏美、中野晶など、総勢72名のプレーヤーが優勝をかけて競い合う。

 グランドシニアの部には、6月のふくやカップマダムオープンで優勝した黄璧洵や最年長プレーヤーの岡田美智子らが出場予定。

 前年大会は中野晶との師弟対決にも注目が集まった鬼澤信子が、終わってみれば2位以下に12ストロークの大差をつける圧勝。レジェンズツアー2戦連続優勝を飾った。

 舞台となるゴルフ倶楽部金沢リンクスは、本場スコットランドを彷彿させるリンクスコース。美しい景観とは裏腹に、池や水路だけでなく日本海からの風もスコアに影響し、選手を悩ませそうだ。レジェンズツアーは今週から4週間で3試合が開催される。まず初戦を制するのはどの選手か。熱戦を期待したい。


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ