ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.10.21

地の利、ダブル・みゆきで竹内が一変

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)3日目

 ホームアドバンテージは、ゴルフにも。神戸市出身の竹内美雪が4バーディー、ノーボギーの68をマークし、5位に浮上していた。「現在は、西宮に住んでいます。自宅から通える。ホテルとは違ってリラックスできるし、スコアが良かったのは、そのおかげかもしれない」という。なるほど、ベストスコア67をマークしたのは、同じ兵庫で開催のサントリーレディスオープンゴルフトーナメント。実に説得力がある説明だった。

 プロ4年目の21歳。フル参戦するのは今季が初めてだ。しかし、31試合に出場して、予選通過は12回。賞金ランキングは82位だが、「経験を積んで、感触が良くなってきた。たとえば、雨の日のプレー。2週前、パターグリップをコード入りに替えた。おかげで、しっかりと握れるようになり、きょうもいい感じでした」と分析する。加えて、闘病中の母方の祖母のためにも、しっかりと成績を残したい。「私が心配するから、詳しいことを教えてもらえない。でも、看病している母が、美雪も頑張っている……といったら、少しずつ良くなっていると話していた。責任重大です」と気を引き締めた。

 もちろん、好成績は自身のためでもある。次週終了時点で賞金ランキング70位以内なら、セカンドQTを免除されるからだ。ちなみに、今大会、コンビを組んでいるキャディーは牧野みゆきさんだ。美雪とみゆきで息もぴったり。「ピンチもあった。でも、落ち着いて対処している。日ごとに調子が上がってきました」とうれしそうだ。竹内は、「プロになった頃は、雰囲気のある選手になることが夢でした。しかし、キャリアを重ねて、応援してくださる方に、恩返しができる選手になりたい。一生の目標にします。どうぞ、よろしくお願いいたします」。深々と一礼を行った。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ