ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.11.18

首位堅守の全美貞 完全Vへ前進

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 2017年LPGAツアー第37戦『大王製紙エリエールレディスオープン』(賞金総額1億円・優勝賞金1,800万円)大会3日目が11月18日、愛媛県松山市・エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード/パー72)で行われた。1日目から好調の全美貞が通算14アンダーで単独首位。2打差の通算12アンダー、2位はタイで上田桃子、申ジエ、イミニョンが最終日の逆転を狙う。賞金ランキング首位の鈴木愛は通算11アンダー、5位タイ。(天候:曇り 気温:14.2℃ 風速:0.7m/s)

 お気軽な質問にも、ズシリとした答えが。このスタイルが全美貞だ。今大会は、抜群の安定感に支えられている。2ストロークのアドバンテージを携え、最終日は通算26勝目へ挑戦する。「終盤、とても寒かった。急に冷え込んで。この3日間、よく戦っていると思います」と控えめな口調で話す。3バーディー、1ボギーの内容は、他の選手に比較すると、地味に映ったものの、「アンダーパーでプレーできたから」といい、17番をこの日のキーホールにあげた。

 「第2打を右に曲げて、池へいるかと思ったら、そこも飛び越し、OBギリギリでボールが止まっていた。加えて、アドレスが排水溝にかかるため、ペナルティーなしでドロップできるなど、ラッキーのパーセーブだったと思う」と振り返っている。好成績には実力以外のプラスアルファが必要だ。今季初Vの、ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ。最終ホール、ティーショットを大きく左へ曲げた。が、木に当たりラフまで出てくるという幸運があったことを思い出す。「あの時、打った瞬間、バイバイ…。100パーセント、OBだったでしょうね。不思議なスポーツです。ゴルフは」。

 そして、最終日へ向けて、「フレッシュな気持ちで、臨みます。私のゴルフをできればいい」と優勝は口にしなかった。では、私のゴルフとは、いったい-。「ものすごい飛距離をもっているわけではない。見ている方には、とても地味だと思います。最終日は、攻めるところと、守るところをより鮮明にする。そんな感じでしょうか」と説明を加えた。

 ちなみに、「オンとオフの切り替えが上手ではない」とも。趣味は、の問いには、「趣味というものは毎日、ずっと継続しないといけません。私は、そう定義づけている。ツアーを転戦していると、休みは1日。せいぜい自宅でくつろいで終わる。無趣味です」と持論を語っていた。賞金女王、シード権争いなど、何かと周囲は騒がしい。でも、実力者は泰然自若。我が道を行く。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ