ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2007.7.20

クラシエ フィランソロピーLPGAプレイヤーズ チャンピオンシップ 第2日目

 2007年度LPGAツアー第18戦『クラシエフィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップ』(賞金総額1億3,000万円、優勝賞金2,340万円)の第2日目が千葉県印西市の習志野カントリークラブキング・クイーンコース(6,584Yards,Par73)にて開催された。

 天候は晴れ、気温28.3℃と絶好のコンディションで競技は行われた。そんな中、2日目トップに立ったのは入江由香。この日1イーグル5バーディー3ボギーの69をマークし、通算6アンダーで首位に立った。2打差の2位にはイジヒョン(韓国)、3打差の3位タイには、ディフェンディングチャンピオンの全美貞(ジョンミジョン・韓国)、不動裕理ら5人が続いている。

 今日の入江は、前半からバーディーが先行するいい流れ。「昨日のホールインワンからアイアンがすごく良くなって・・・。バーディーチャンスにつくホールが昨日の後半から多くなりました。またやさしいラインにうまい具合についてくれていたような気がします。良い感じではないでしょうか」と69という好スコアに満足した様子だ。「昨日、今日とすごくゴルフしているなぁという感じでプレーできました。できれば何のプレッシャーもなく残り2日間やりたいと思います」と1998年以来の優勝へ向け気を引き締めた。

2位 イジヒョン
「先週、雨の中練習していて風邪をひいてしまったのですが、逆に自分に集中しようと言い聞かせ、それが良い方向に出たみたいです。キャディーさんからは、昨日と今日は練習ラウンドで、3日目から本番だと思いなさいと言われていたので、気楽にまわれました。明日からも頑張ります」。

3位タイ 不動裕理
「数字を見ればすごく良かったと思うんですけど・・・。1打1打がもう少しビシっと決まれば良かったかなと思います。あまり欲を出すと駄目ですから、空回りしないように、メリハリをつけてプレーしたいと思います」。


[予選通過]150ストローク 49位タイまで60名 (プロ:59名 アマ:1名)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ