ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.5.6

大会最終日 ~ 次戦のために

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 茨城ゴルフ倶楽部 西コース(茨城県)最終日

イ ジョンウン6 (3位:-1)
「緊張もありましたし、最終日ということもありましたし、スケジュールもガチガチだったので、体力も少し落ちていた。今日はショートゲームも不安定だったので、このような結果になってしまった。日本では、フェアウェイに乗っても拍手、グリーンに上がっても拍手、ちょっと良いショットでも歓声を上げてくださるのが、素晴らしい」

比嘉 真美子 (4位:0)
「このコースは簡単にボギーが出てしまいますし、なかなかバーディーがとりづらい。自分のリズムでショット、パットをやり抜くのが、一番大事なことだと思ったので、そこをあまり意識せずにプレーできた。来週も大きい試合が待っているので、来週また笑顔で18ホールを終えられるよう気持ちをリセットしたい」

ユン チェヨン (5位:+1)
「18番、パーパットの前、いろいろなことが頭をよぎった。シード権、(外せば)賞金が120万円も減るなど…。ただ、アドレスへ入ったら無心でストロークができた。3メートルのフックラインです。きょうは、たくさんのチャンスがあったけど、5番でイージーミスをしたら、流れが悪くなった。ハーフターンで、これ以上、ボギーを叩かない。気合を入れなおしたら、後半は2バーディー、ノーボギー。いろいろあった1日だけど、あきらめずに良かったです」

フェービー・ヤオ (6位タイ:+2)
「この2日間、とてもショットが悪かった。昨晩、ホテルの自室で原因をじっくり考えたら、タイミングが悪いことに気がついて…。きょうは、そこだけに注意をしたら、すごく調子が良くなった。もう少し、早く気が付けば-とは思うけど、精いっぱいのプレーをした」

大城 さつき (6位タイ:+2)
「1番、3パットからスタートして、あとはずっと我慢。予選ラウンドの2日間、フェアウェイキープ率が悪かった。2日で9回。第3日も6回でした。でも、ツキがあったと思う。12番、イーグルは、残り112ヤードをPWで打って、カップイン。耐えていれば、いいことがある。それがわかった1日です」

安田 祐香 (11位タイ:+4) ※ベストアマチュア賞獲得
「アンダーパーは厳しいと思っていた。第2日と今日はアンダーパーで回ることができて、第1日と第3日は耐えることができた。グリーンのアンジュレーションとラフが長く難しかった。ラフが長く、ミスショットもあったので、その辺りをしっかり練習したい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ