ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.5.12

明日へのひとこと 最新情報

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

ほけんの窓口レディース 福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)第2日

比嘉 真美子 (3位タイ:-5)
「このコースでは、昨年までスコアが出せなかったが、今年ようやく第1日にアンダーパーで回ることができて、自信になった。ティショットもアイアンショットもピンに向かって打つことができた。攻め方は変わってないが、今週までの試合で良いリズムでショットできていたので、今まで苦手だったホールが気持ち良く振れた」

テレサ・ルー (3位タイ:-5)
「良いパッティングをしてもなかなか決まらない。でも、今日は良く入った。チャンスはいっぱいあったので、ここ最近の調子からすれば満足している。(優勝の)チャンスですね。ショットは安定していてパーオンしているし、バーディーチャンスもあつた。今週から2ボールパターに変えて、パットが良くなった」

原 江里菜 (5位タイ:-4)
「今年のオフにパットラボにいって、アドレスの重心の位置や、傾斜に対してどう立つのが正しいのかを習った。ストロークよりもアドレスに入るまでに勝負が決まっているというのを知って、毎日練習の時に意識して開幕からも意識している。今年は本当にパッティングの状態が良いので、その成果がでている」

上田 桃子 (5位タイ:-4)
「風が1日安定していない中、昨日より今日の方がショットは良かった。修正できていたが、距離感が合わなかった。チャンスは少なかったが、何とか我慢できた。もう少しバーディーチャンスが欲しい。(明日)前半が勝負。1番から6番まででスコアを伸ばせるかどうか。天候と風もどうなるか」

アン シネ (58位タイ:+4)
「(最終ホールでダブルボギー)頭が真っ白です。3打目をPWで打ったが、アゲンストの風が強く、球が低く出てしまった。(17番でバーディー)18番でパーをとれば予選通過できると思っていた。パットに難があり、バーディーチャンスにつくが、入らない」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ