ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2008.5.9

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 第2日目

 LPGAツアー公式戦『ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ』(賞金総額1億1,000万円、優勝賞金2,200万円)の第2日目が東京都稲城市の東京よみうりカントリークラブ(6,523yds Par72)で行われた。この日の天候はあいにくの曇り空となったが、気温21.3℃で風速も2mと過ごしやすい一日となった。そのなか、初日トップの張娜(チャンナ・中国)が2バーディー2ボギーの72と安定したゴルフを展開し、通算4アンダーで単独トップを守った。1打差の2位には福嶋晃子。さらに1打差の3位には横峯さくらが続いている。

 初日に続き、トップを守った張娜だが「今日は良くもなく悪くもなく、まるで今日の天気のようでした」と本人も少々不満の残るラウンド。それでも「今日もチップインがあったりして、運は良かった」と納得の様子。明日以降については「昨年は51位だったので、今年は自分にプレッシャーをかけず、1打1打大事に行きたいです」と意気込みを語った。昨年は4日間競技で2勝しているだけに、これからのプレーぶりに注目が集まる。

 2位の福嶋晃子は「今日は自分の中ではあまり良くなかったけど、周りの選手のスコアが伸びない分、上位に来た感じですね」と淡々とした様子。それでも「気温も上がってきて体調も良くなってきたので、クラブが軽く感じる」と調子は上向き。各選手が苦戦する高速グリーンについては「アメリカではよくある速さ」とツアー21勝の実力者ならではの余裕で、1997年以来のメジャー3勝目に挑む。

3位 横峯さくら
「昨日はスコアが悪かったので、少しでも巻き返したかった。(今日69で)2アンダーにしたので、これから2日間の貯金になりましたね。この大会はみんなが獲りたいと思っている大会なので、私もその一人として頑張りたいという気持ちは強い。空回りしないように、明日もアンダーを目指して頑張ります」。


なお、上原彩子と李定垠(イジョンウン・韓国)が途中棄権した。
明日の決勝ラウンド1日目に進出したのは、49位タイ8オーバー152ストロークまでの62人。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ