ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2008.6.12

We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメント1日目

 2008LPGAツアー第14戦We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2008』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)が兵庫県神戸市の「六甲国際ゴルフ倶楽部」(6,457Yards・Par72)で開催された。

 神戸地方は朝方こそ雨が降ったものの、その後は快晴となり、絶好のコンディションのなか競技が行われた。そのなか初日トップに立ったのは横峯さくら。この日7バーディー1ボギーの66のラウンドで6アンダーとし、今季初優勝へ向けて好発進した。トップと2打差の2位タイには、中道かおりとイム ウナ(韓国)。さらに1打差の4位タイにはアマチュアの酒井美紀ら4人が続いている。また約3ヶ月ぶりの日本ツアー参戦となる上田桃子は2アンダー、8位タイにつけた。

 トップに立った横峯は「今日はショットも悪くなかったですし、3~4mのパットが入ってくれたので、すごく良かったと思います」と上々のラウンド。先週までは少し左に飛んでいたショートアイアンも「先週クラブを少しフラットに変えました。やっぱり安心感が全然違いますね」とクラブ調整も上手くいった様子。明日以降については「1日1日、自分のベストのゴルフができたらいいなと思います」と抱負を語った。

2位タイ 中道かおり
「今日は体調も良かったし、パターが良かったです。昨日の雨でグリーンが柔らかくなって、ボールが結構止まってくれたので楽でした。地元なので、メンバーさんや近所の人も応援に来てくれて、嬉しかったです。明日は自分のやれることをしっかりやればいいと思います」。

2位タイ イム ウナ
「ショットが結構フック気味になって、あまり良くなかったですけど、パッティングは良かったと思います。4日間競技は長いですけど、3日間ミスしても4日目に頑張れるので、逆に余裕が持てます。今のところは調子が良くもなく悪くもなくという感じですけど、いいスコアが出せるように頑張ります」。


なお、木村敏美と張娜(チャンナ)が棄権となった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ