ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2009.5.9

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 第3日目

 2009年LPGAツアー公式戦第1戦『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』(賞金総額1億2,000万円、優勝賞金2,400万円)の3日目が、茨城県つくばみらい市の茨城ゴルフ倶楽部・西コース(6,553yards、Par72)で開催された。

 天候:晴れ、気温:22.0℃、風速:4m。前日の荒天とは打って変わり、この日は朝から晴天に恵まれた絶好のゴルフ日和。第2ラウンド残りの競技が7時からスタートした影響もあって、会場は朝早くから大勢のギャラリーで賑わった。この日大きくスコアを伸ばしたのは諸見里しのぶ。首位と3打差の4位タイからスコアを5つ伸ばし、一気に単独首位へ浮上した。前日トップの福嶋晃子と2位の全美貞(ジョンミジョン・韓国)はともにパープレーで、順位を一つずつ落とした。6アンダーの4位タイには、この日順調にスコアを伸ばした有村智恵とタミー・ダーディン(豪)が並んでいる。

 実力派ぞろいの上位陣が激しく火花を散らす最終日、栄光のカップは誰の手に輝くのか。

 上位選手がスコアを伸ばせない中、67をマークし一気に首位に躍り出た諸見里。「今日はラッキーもあったけど、3番・5番ホールのセカンドショットで凄くいい球が打てたので、それで1日いいラウンドが出来ました」と序盤のロングホールでのセカンドショット(3W)で流れを掴んだ。さらにアプローチでは、普段使っている58度のウェッジを使わずに、54度のウェッジを使用。「58度より54度の方が思った通りに球を転がせられて、すごく使いやすかったです」と連日の雨で湿ったグリーンへの対策が功を奏した。オフにはトレーニング中に心拍計をつける独特のトレーニングで、「ちょっとずつですが、心拍数をコントロール出来るようになりました」と精神面も鍛えられた。明日の優勝へ向けては「はまるとスコアが出るコースなので、自分の組だけ優勝争いしていると思わないで、1ホール1ホール良いプレーを重ねてバーディーを取っていきたいです」と慎重な姿勢を崩さなかった。

 一方の福嶋は、序盤で3つのバーディーをマークし一気に独走態勢に入るかと思われたが、9番から3ホール連続ボギーを喫するなど後半に入って失速。「今日は朝から調子が悪くて…。なんで1日でこんなに変わっちゃうのかな」と突然の不調に自身でも困惑の様子。最終日の展望については「私のほうが回りやすいと思う」としながらも、「プレッシャーをかけていかなきゃいけないし、今日のゴルフじゃ追いつきそうにないので、明日までにどうにかしないと」と危機感を募らせていた。

4位タイ 有村智恵
「(朝早かったですが、疲れは?)昨日は早く寝られてしっかり疲れがとれたので、天気も良くて前向きにプレー出来ました。途中お腹が空いてしまったので、合間合間にゼリーとかを食べたりして。長い一日でしたけど、うまく調整できました。前半のロングで伸ばせたのは大きかったですけど、後半は伸ばせなかったので、スコアを伸ばしたという感覚はないですね。明日は後半でもバーディーを取っていかなきゃダメだと思うので」。

4位タイ タミー・ダーディン
「今日は第2ラウンドを含めて28ホールプレーして、長い1日だった。でもプレー自体は良くてスコアも伸ばしていけた。明日もベストを尽くして、できるだけのことをやっていきたいと思う」。


このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter