ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.9.16

瀬戸内から世界へ 河本結がステップ女王へ前進

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2018年LPGAステップ・アップ・ツアー第16戦『山陽新聞レディースカップ』(賞金総額2,500万円、優勝賞金450万円)大会最終日が16日、岡山県玉野市の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,380ヤード/パー72)で行われ、ルーキーの河本結がステップ・アップ・ツアー2勝目。通算14アンダーで混戦を制した。首位スタートの林菜乃子は通算13アンダーの2位。(天候:晴れ時々曇り 気温:28.7℃ 風速:3.4m/s)

 河本結が、デッドヒートを制した。「苦しかったです。どっちが勝ってもおかしくなかった。(林)菜乃子さんが相手だったから、いいプレーができたと思う」と同期のライバルを気遣っている。1番で3メートルを沈めた1番。幸先の良いスタートを切ったものの、「チャンスで、ショート。7番でようやくバーディーパットが入って、少しだけホッした」という。さらに、通算12アンダーで並走した9番の攻防もインパクトは大。「菜乃子さんが13メートルぐらいを入れた。ここが勝負、と気持ちで入れ返した。あれが、大きかったですね」。8メートルの上りのフックラインを見事に決めた。

 14番で林がボギーを叩き、単独首位へ。ただし、パー5の最終ホールまで、1打差。スリリングな戦いが続いた。河本の第1打は、右ラフへ。残り220ヤード、しかも前上がりの左足下がりという難しいライが残った。「セカンドショットは、右の池や左のバンカーなどは、まったく目に入っていない。自分を信じで打つことだけに集中した。この3日間で、最もイメージ通りのボールが打てたと思う。すごく、気持ちがよかった」。低く放たれたストレートボールで、2オンに成功。バーディーを奪い、ガッツポーズで締めくくった。

 前週の日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯は、ルーキーキャンプへ参加。同級生の活躍している姿をロープの外から観戦した。「いつも刺激をもらってばかり。プレーしている姿を見て、私も来年、出場したいと思った。同級生の活躍は、刺激になるけど、やはり悔しいです。私だって、他の選手に刺激を与える存在になりたい」と力を込める。

 今大会の優勝で、ステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング1位へ浮上。「目標はステップの賞金ランク1位。まずは、皆さんに存在をアピールしたい。将来、世界で戦うためには、土台を固めることです」と宣言した。大会のコンセプトは、瀬戸内から世界へ。羽ばたく選手の土台づくりは、着実に浸透している。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ