ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2009.8.8

アクサレディスゴルフトーナメント 第2日目

2日目は首位から2打差まで11人!最終日は実力者揃いの大混戦に

 LPGAツアー第18戦『アクサレディスゴルフトーナメント』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)の2日目が苫小牧ゴルフリゾート72エミナGC(6,375y Par72)で行われた。

 天候:晴れ、気温:19.6℃、風速:3m。昨日同様、絶好のコンディションとなった2日目。各選手が次々と好スコアを出すなか、通算8アンダーでトップに立ったのは、この日66のコースレコードタイをマークした横峯さくら、そして辛炫周(シン ヒョンジュ・韓国)、キムソヒ(韓国)の3人。1打差には大山志保、古閑美保、李知姫、上田桃子、申ジエら実力者が追う展開となった。

 17番パー5で残り250ヤードの2打目を2mにつけてイーグルを奪うなど、前日の17位タイから一気に首位に立った横峯。「18番のボギーを除けば完璧なラウンドでした」と最終ホールでティーショットを池に入れてしまった事が悔やまれるが、今季4勝目が視野に入ってきた。「昨日はパー5で計1オーバーだったので、今日は2アンダーを目標にしました。ショットも昨日よりだいぶ良いですね」。2日目はその目標を上回るパー5で4アンダーを達成した横峯。悲願の賞金女王を掴むためにも、明日の接戦はものにしたいところだ。

 そして昨日に続き首位をキープした辛。「ショットは昨日ほど良くなかったですけど、バーディーチャンスは3回に2回は取れました」と苦しいゴルフながらも、少ないチャンスを逃さなかった。「トップで最終日を迎えるのは久しぶり。今日以上に最後まで我慢して、自分のプレーをしていきたいです」と明日の激戦を覚悟しながらも、優勝への意欲は十分だった。

 前半で5バーディーを奪った勢いそのままに、一気に首位に立ったキムは「練習の時は、まぁまぁかなと思ってたんですけど、ラウンドに出てみたら感触以上に良かったです」と67の好スコアに本人も驚いた様子。「優勝は特別なもの。だから明日は頑張ります」と2年ぶりの優勝へ向けて、明日は勝負の1日を迎える。

4位タイ 通算7アンダー 大山志保
「今日はノーボギーでまわれたので満足しています。今週は自信を持って打てているし、バーディーチャンスは入りそうな感じがして。実際には入っていないんですけど、いいフィーリングです。明日はいいチャンス。最後まで諦めずに、どんなことがあっても頑張りたいです」。

4位タイ 通算7アンダー 古閑美保
「17番で取れなかったのは痛いですね。でもショットは昨日よりだいぶ良くなってます。優勝争いは今年初めてじゃないかな~?まだ18ホールあるので、いつも通りやるだけですね。でも私はプレッシャーが掛かったほうが良い方へ行くので、その方がいいかもしれませんね」。

4位タイ 通算7アンダー 上田桃子
「ショットの状態としては自信をもって打てているし、最終ホールまで自信をもって打てました。明日は優勝争いしたいですけど、バーディーを多く取ることだけを考えてプレーしたいと思います。明日も自分の間合いとかを意識してまわれればいいと思います」。

4位タイ 通算7アンダー 申ジエ
「今日はボギーがなかったので満足していますが、他にもバーディーチャンスがいくつかあったのに入りませんでしたね。でも一番大切なのは大きなミスをしないこと。それが無かったので満足しています。明日は優勝を考えると力が入るので、リラックスしたいです」。

17位タイ 通算4アンダー 三塚優子(初日首位)
「今日は流れがつかめなかったです。ちょっと攻めすぎたのかな・・・。ショットはこれといって修正する所が無いし、噛み合えばビッグスコアが出るコースなので頑張ります」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter