ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.11.17

有村智恵−Vのキーワードは『右手』

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

大王製紙エリエールレディスオープン エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)第3日

 意外な1面をうかがえたのは、さりげない質問だった。3日間首位を行く有村智恵の息抜きとは、いったい-。そんな疑問からだ。「今年の春ぐらいから編みものを始めた。ニットです。指先でするものが以前から好きだったから。他では、料理です。仕事柄、外食が多い。ひとり暮らしだし、栄養面を考えたら、自宅にいる時は自分でつくる。この2つをしていると、ゴルフのことを考えない。ぼっとうできます」と、うれしそうに語った。

 最終日、今季2勝目へつながるテーマも指先、手先。「後半戦、ニトリレディスゴルフトーナメント、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最終日、最終組でプレーしながら、崩れてしまった。その原因は、右手で強くおさえ込んでしまい、ショット、パッティングに悪影響を及ぼしたことです。だから、体の動きまで悪くなった。緊張をすると器用なパーツを使いたくなるもの。そういったクセが出た際の対処法を考えてきた。きょうも、少しそんな気配があったから、修正したのですよ」と説明している。

 ちなみに、同組でプレーしたアマチュアの上野菜々子の印象を、「欠点がない。これから世界へ行く感じですね。私が高校生の頃と比較したら、賞金女王とアマチュアぐらいの差がある」と絶賛。ただし、勝負に関しては別だった。「何打差をつけようと、このコースはみんなにチャンスがある。私は守る立場ではない。しっかりと攻めていく」。指先と手先、さらには勝負の感覚を研ぎ澄ませていた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ