ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.3.16

百花繚乱 鈴木愛、狙うは今季初V

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 土佐カントリークラブ(高知県)第2日

 まさに、この状況がLPGA会長・小林浩美がよく口にする『百花繚乱』ではないか。大混戦。勝負の予想がつかない。3位タイから逆転を狙う、鈴木愛にとって故郷・四国での優勝は目標のひとつだ。

 「トップから2打差で最終日を迎えることが、チャンスだと思う。ショット、パッティングの調子も悪くない。とにかく頑張ります」と明るい。その意味で、この日は16番がポイントになった。3メートルのバーディーパットが決まる。前日まで気がかりだった1Wも復調気配だ。「フェアウェイを外したホールもあったけど、ダメだなぁと感じたのは1度だけ。かなり手応えがあります」。

 さらに、日本一のパッティングについて、「とてもいいストロークができている。だけど、きょうはすごく風が強い。ショットだけではなく、パッティングでも風の計算が必要でした。何度か、スライスラインでもまっすぐに転がったところがあります。特にインコースがそうでした。あすは、グリーン上でもしっかりと風を読まないといけませんね」と気を引き締めている。

 体調も良好だ。「朝50分、夕方1時間のストレッチを毎日、行っているので、体の動きがとてもいいです。去年は前半、とても成績が良かったけど、何となくうまくいったことが多かった。ツキがある。流れがいいと感じただけで、私の実力だとは思えなかったです。それだけに、まだ2戦目でも良くても悪くても、今年は実力でプレーしている。そう思える分、最終日が楽しみになりました。このコースは、大好き。去年の今大会の内容と比較しても、今の方がいいですよ」。細工は流々仕上げを御覧じろ−とでもいいたそうな表情を浮かべている。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ