ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2010.9.19

マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日

全美貞が怒涛の追い上げで今季3勝目!

 2010年度LPGAツアー第24戦『マンシングウェアレディース東海クラシック』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)の最終日が、愛知県知多郡の南愛知カントリークラブ・美浜コース(6,413Yards,Par72)で行われた。

 天候:晴れ、気温:28.7℃、風速:3m。9,300人を越える大ギャラリーが訪れた最終日。一時は6人が首位に並ぶ大混戦となるなか、後半爆発的なバーディーラッシュで優勝を制したのは全美貞(ジョンミジョン・韓国)。通算14アンダーまで伸ばし、今季3勝目を飾った。2位には現在賞金ランキング1位のアンソンジュ(韓国)。大会連覇がかかっていた横峯さくらは通算10アンダーで4位となった。

 「運が良かったです。今までやってきたことを今週頑張ろうと。3日間のプレーで短いパットも外しましたが、我慢していたら16番、18番とありえないくらいのが入りました。我慢してよかったと思っています」と鮮やかな逆転優勝に満面の笑みを見せた全。

 12番でこの日5つ目のバーディーを奪うと、その勢いはとどまることなく、15番からの上がり4ホールもバーディーを奪う快進撃。自身のベストスコアを1打更新する64にマークし、優勝を決めた。これまでは「3パットをしたらイライラして、次のショットにも悪影響を与えていたんです。兄から何度も言われていたのですが、試合になると理解できなくて…。」それでも、「”人間なんだから、神じゃないんだから起こることなんだ”と、3パットをしても次はしないように、と思ったら引きずることがなくなって、楽々3日間やれました」とメンタル面の成長も優勝に繋がったようだ。今季1番のりで3勝目を飾り、賞金ランキングも3位に浮上。「自分の中で楽なゴルフが出来たので、最終戦まで続けたい。スイングも良くなったし、こういう気持ちを忘れず、楽しくプレーをしたいです」。さらに一回り成長を遂げた全がLPGAツアー後半戦、賞金女王争いも盛り上げるだろう。

2位 アン ソンジュ
「今日は惜しいのがいっぱいありました。もっとスコアを伸ばすチャンスがあったんですが。でも今日の7アンダー、65は日本に来てのベストスコアです。ベストを更新できて、自分に満足しています。賞金女王は全く考えていないです。調子が良くなっているし、とにかく勝ちたいです。優勝目指して、頑張ります」。

3位 金 ナリ
「ショットは良かったし、精一杯やりましたが、チャンスを決められませんでした。最善を尽くした結果です。また、次のチャンスに頑張ります」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ