ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2010.10.11

富士通レディース 開催!

 2010年度LPGAツアー第28戦『富士通レディース』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)が10月15日(金)から17日(日)の3日間、千葉県千葉市の東急セブンハンドレッドクラブ(6,631Yards,Par72)にて開催される。

 今大会の主な出場選手は、前週の大会で今季3勝目を挙げ賞金ランキングトップを独走中のアンソンジュ(韓国)をはじめ、横峯さくら、有村智恵、諸見里しのぶ、馬場ゆかり、不動裕理、飯島茜、藤田幸希、北田瑠衣、上原彩子など。また、12日(火)には主催者推薦枠での本戦出場をかけた予選会が行われ、その上位14名を加えた総勢96名によって優勝が争われる。

 昨年は最終日首位でスタートした飯島茜、佐伯三貴が終盤でスコアを崩すなか、優勝の行方は順調にスコアを伸ばしたニッキー・キャンベル(豪州)と後半9パットと驚異の粘りを見せた宮里藍の2人によるプレーオフに突入。両者パーをセーブし続けて迎えたプレーオフ4ホール目。キャンベルの「フックかスライスか分からなくて、真っ直ぐ打ちました」という10m超のバーディーパットが決まり、勝負あり。その前回の宮里とのプレーオフではバーディーを決められて涙を呑んだが、見事にリベンジを果たした。

 戦いの舞台となる東急セブンハンドレッドクラブは、難攻不落の18番ホールで知られる。グリーン手前に待ち構える深く切り立ったガードバンカーは、これまでにも数々のドラマを生んできた。2007年の横峯さくらと上田桃子、2008年の不動裕理と三塚優子など、3年連続でLPGA史上に残る劇的なプレーオフ決着を迎えている今大会。今年もツアーを通して優勝争いが混沌としているだけに、激戦は必至だ。


 大会最終日の10月17日(日)に、ゴルフ未経験・初心者の小中学生を対象とした『ジュニアゴルフレッスン会』を開催いたします。当日会場にて先着順で参加者の募集を行いますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter