ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2010.12.9

LPGA新人戦加賀電子カップ 1日目

遠藤冴子と山本亜香里が首位

 『2010 LPGA新人戦 加賀電子カップ』(賞金総額は600万円、優勝賞金108万円)初日が千葉県長生郡のグレートアイランド倶楽部(6,561yards Par:72)で行われた。今大会には2010年度プロテスト合格者の23名が出場。

 天候:晴れ、気温14.0℃、風速3m。時折吹く強風と難しいピン位置にアンダーパーで回った選手はわずか3人となった初日。そのなか、2アンダーでトップに立ったのは、遠藤冴子と山本亜香里の2人。トップと1打差の3位には小竹莉乃。さらに1打差の4位に井芹美保子。来季のシード権を獲得している綾田紘子は3オーバーの8位タイにつけている。

 前半は「我慢のゴルフでした」と全てのホールをパーとした遠藤。後半は18番こそボギーとしたものの「アイアンショットの距離感が良くて、短いバーディーチャンスは30cmくらいにつきました。全体の出来としては70%くらいかな」と3つのバーディーを奪う好調なゴルフを笑顔で振り返った。同コースで11月に行われた『伊藤園レディスゴルフトーナメント』でのマンデートーナメントでは、難しいグリーンに苦戦し出場権は得られなかったものの、その経験を活かし戦略も立てている。明日の最終日については「欲を出さないで、確実にパーであがれるように。アンダーを目指して頑張りたいです」と力強く語った。

 同じくトップに立った山本は「今日はショットが思い通りに打てました。何個もバーディーチャンスにはつけたんですが、パッティングが決まらなくて。耐えて、耐えてという感じでした」と少々悔いの残るラウンド。それでも、最終18番は「刻むか、狙うしかなかったです。2日間しかないので、いちかばちか攻めて行こう」と木の後ろから放った160ヤードのセカンドを4mにつけ、見事にバーディーで締めくくった。プロテストでは最下位での合格となっただけに「ここではトップに立ちたい。今日みたいに攻めながらも、冷静になって、マイペースにゴルフをしていきたいです」。新人戦と一度しかないチャンスに気合いも十分だ。

3位 小竹莉乃
「バーディーは多かったので良かったのですが、ボギーも打ったので。71という結果は嬉しいのですが、悔しい気持ちもあります。自分の納得のいくスコアでは回りたいと思っていたので、今日の結果はクリア出来たと思います。(明日は)考えすぎたら駄目なので、気楽な気持ちで頑張りたいと思います」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ