ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.6.2

比嘉真美子、首位と1打差3位タイで最終日へ 

<Photo:Streeter Lecka/Getty Images>

今季のメジャー第2戦、全米女子オープン選手権が6月1日、サウスカロライナ州 カントリークラブ・オブ・チャールストンで、第2ラウンドに続き、決勝の第3ラウンドが行われた。

単独首位からスタートした比嘉真美子は、3バーディ、3ボギーの71。通算6アンダー、首位に1打差の3位タイで最終日へ。30位からスタートした鈴木愛3つスコアを伸ばし、通算2アンダー、12位に浮上した。通算1オーバー、27位に新垣比菜勝みなみ。通算5オーバー、55位に成田美寿々。通算8オーバー、67位に岡山絵里が続いた。
日本人が、海外メジャー制覇となれば、1977樋口久子以来、42年ぶりの快挙となる。

【主な成績】
1T  -7  リウ・ユ、C.ブティエ
3T  -6   L.トンプソン、J.M.グリーン、比嘉真美子
12T   -2  鈴木愛
27T  +1  新垣比菜、勝みなみ
35T  +2  朴仁妃
55T  +5  成田美寿々
67T  +8  岡山絵里

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ