ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.6.13

明日へ-ひとこと 最新情報

ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース 上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部(長野県)第1日

川満 陽香理 (2位タイ:-3)
「前半、ドライバーショットが芯に当たらない。曲がってばかりだったので、必死でした。バーディースタートのあと、ボギーを叩いたけど、4番から連続バーディーがきて、流れが良くなった。グリーンが読みづらく、フェアウェイが狭い。あす以降、ティーショットを、より気をつけます」

小川 陽子 (2位タイ:-3)
「去年から手首の調子が悪く、素振りばかりをしていた。しかし、ボールを打たないとダメですね。最近、練習量を増やし始めた。調子が良いころのアイアンショットへ戻りつつある。一方で、ショートパットを外したことがきょうの反省点。もったいなかった。ショット、パッティングともプロセスに集中します」

石川 明日香 (2位タイ:-3)
「アイアンショットが良かった。毎年、シーズンの序盤戦は調子が上がらない。困っていたけど、少しずつ上がってきたような気がする。ただ、最初と最後で30センチのパットを外してしまった。リズムが速くなっていたのでしょう。あすは、いいリズムでプレーしたい」

ハン スンジ (2位タイ:-3)
「ティーショットが左右に曲がっていた。でも、第2打の調子がいい。うまくカバーできた。それと、ミドルパットが良く入ったと思います。ノーボギーできていたので、18番は本当にもったいない。ラフが長いところがあるし、フェアウェイが狭いので、ティーショットが、キーポイント。気をつけて、プレーします」

木下 彩 (2位タイ:-3)
「ほぼパーオンしました。アプローチを1度しただけです。調子はいまひとつでも、このコースが大好き。距離が短く、グリーンが止まる。私に向いているコース。あすもフェアウェイキープを第一にいいプレーをしたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ