ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.6.23

高橋彩華が2位 『まだ練習不足』

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

ニチレイレディス 袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(千葉県)最終日

 勝負は時の運。高橋彩華は初体験のプレーオフで、緊張を隠せなかった。第1打、知らないうちに力が入る。「アマチュアの時もプレーオフは未経験。だから、ちょっと力んで、ボールが左へ飛び出した分、木に当たり下に落ちてしまった」という。アドバンテージを握られたが、それでも身上の粘りを発揮。優勝を飾った鈴木愛を最後まで苦しめた。

 特に、さすが黄金世代−と目を見張ったのは18番。2オンに成功してバーディー奪取に成功する。「絶対にバーディーをとらなければ、優勝争いに残れない」と奮起。第2打は、「100%の力でクラブを振って、うまくバンカーを越えた」。プロ入り後、初めての優勝争いについて、「1番のバーディーでいいスタートが切れた。でも、9番の3パットが…。そこから流れが悪くなって、ショットの調子がいまひとつだった」と振り返る。

 とはいえ、次戦へ向けて、確かな手応えをつかんだ様子。「最近、調子がいいからようやく乗ってきたと思ったけど、優勝争いの緊張感がある状況では、悪い面が出てしまう。まだまだです。1Wとパッティングをもっと、もっと練習しなければなりません。でも、ショットが悪くてもアプローチで耐えることができた」と話した。

 そして、「次は、プレーオフをしないで勝てるように頑張りたい」。賞金ランキングが28位へ浮上した。次戦は、もちろん注目選手の1人である。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ