ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.7.5

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atushi Tomura/Getty Images>

資生堂 アネッサ レディスオープン 戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)第2日

キム ハヌル(2位タイ:-8)
「パッティングが良かったです。新しいパターで距離感が合っていました。12番の5メートルくらいのパッティングが、特に良かったです。(明日以降)今からショットの感覚が上がるように練習して、あと2日頑張りたいです」

イ ミニョン(2位タイ:-8)
「きのうとは、全く違って風もなく、他の選手もスコアを伸ばしていると感じていました。(パッティングは)なるべくショートしないように、アグレッシブに攻めました。今週のテーマは、パッティングをショートしないこと。平常心が自分のスタイル。バーディーをとっても喜ばず、淡々と。ボギーを打っても、いつか出るボギーだと思ってプレーします」

岡山 絵里(6位タイ:-6)
「全体的にショットが良かったです。(カップの近くに)寄りました。ミドルパットも入りました。(明日以降)調子は悪くありません。パー5でバーディーをとれなかったので、とりたい」

菅沼 菜々(6位タイ:-6)
「(9番)ピンに当たりました。当たったのが、見えました。(今日を振り返って)そこそこ満足しています。ショットも狙ったところに打てているので、調子は良いかな。(前週)結果的に5位だったのですが、大きい大会で上位にいけたのは自信になりました。(今週の目標は)3位です。優勝はまだ早いかな」

全 美貞(10位タイ:-5)
「同じ組のふたりがいいプレーだったので、私もついていけました。ショットは良かったのですが、短いバーディーパットを外してしまったので、少し残念です。でも、長いのは入ってくれたので、良かった。(残り2日)ショットもパッティングも良くなってきています。最後まで、やれることをしっかりやりたい」

申 ジエ(10位タイ:-5)
「バーディーよりも、パーパットの方が会心のパッティング。特に8-9番はいいパッティングでした。バーディーよりもうれしい。8番はグリーン左のバンカーに入れてしまい、9番もティーショットをバンカーに入れてしまいました。戸塚CCは、グリーンが難しく、ショットの落としどころが狭いので、正確なショットが必要です」

大山 志保(15位タイ:-4)
「ショットがいい感じでした。パッティングがもう少し入ればいいですね。最近、体の痛みがなくて、思うようなショットが打てるようになっています。ゴルフが楽しくなってきましたし、ゴルフの調子とともに元気が出てきました。42歳、まだまだ元気です」

イ ボミ(15位タイ:-4)
「ショットがとても安定していました。久しぶりにいいプレーができました。バーディーパットがもっと入ってくれたら良かったです。予選通過して、うれしいです。それ以上に、ショットが安定してすごくうれしい。あと2日間頑張ります」

上田 桃子(27位タイ:-2)
「(今日2アンダー)やっと肩の荷が下りました。明日から攻めていけそうです。(今日を振り返って)朝から、変な緊張感があって、ショットもパッティングもしっくりこなかった。不安のある中でのスタートでした。でも、4日間あるので少しでもきっかけを掴めたら良いスコアを出せると思っていました。きょう、コースの中で少し掴んだかなと思います。(明日以降)しっかり期待に応えられるように頑張りたいですし、ひとつでも多くのバーディーをとって、たくさんの人に楽しんでもらいたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ