ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.9.12

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第52回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 チェリーヒルズゴルフクラブ(兵庫県)第1日

畑岡 奈紗(3位タイ:-3)
「前半はすごくよかったので、もう少し後半を伸ばしたかった。18番でパーパットをはずしてから、パッティングの距離感やラインが合っていなかった。LPGAの冠の大会なので、獲りたい」

エイミー・コガ(3位タイ:-3)
「全体的に良かったけど、ラフにも入りました。ロングパットが入りラッキーもありました。イメージがいいコースなので、難しいホールでも嫌な感じはしない。何度もラウンドしているコースなので、そこをアドバンテージだと思って、明日につなげる。選手権大会は私にとってスペシャルな試合。いい思い出にしたいです」

イミニョン(3位タイ:-3)
「スタートの1番、7Iの第2打でパンチショットがうまく決まり、1メートルのバーディーが決まった。コースは難しくても、楽しいラウンド。調子がいいし、あすもいいプレーをギャラリーの皆さんに披露したい」

全 美貞(3位タイ:-3)
「ショットが全体的にいい感触です。特に第1打をフェアウェイにおくことができた。何回かラフに入れたけど、浮いているライにあり運もよかった。バーディーチャンスを外し、もったいないプレーもあったけど、あしたからも自信をもってプレーしたい」

松田 鈴英(10位タイ:-2)
「1番のイーグル(第2打、140ヤード、8I)は入ったのが見えた。おかげで気持ちに余裕ができた。18番もガッツパーです。メジャーの舞台でいいゴルフができました。あすも、きょうのようなプレーでしっかり頑張りたい」

臼井麗香(11位タイ:-2)
「ラフが倍に伸びるだけで、最終プロテストとは別もののようなコースに変わっていました。ティーショットは、まずまず安定。フェアウェイを外したのは1度だけです。ただ、体重が減ってしまった影響で、飛距離がちょっと落ちている。それが少し気がかり…」

上田 桃子(22位タイ:-1)
「一緒に回った2人に1打でもついていけるように意識した。やはり上手な選手と一緒に回ると集中力も高まりワクワクする。予選2日間は同じだけど、決勝ラウンドでも一緒に回れるように頑張りたい」

イ ボミ(22位タイ:-1)
「深いラフに入れてしまったけど、長いパッティングがたくさん入っていいスコアであがれました。きょうのプレーは100点満点。あすもこの調子で頑張ります」

東浩子(22位タイ:-1)
「スロースターターで、いつも第1日からジワリジワリと調子を上げるパターン。それだけに、きょうはまずまずかなぁ。朝から1Wの調子がいまひとつだったし、あすからが勝負です」

上原 彩子(37位タイ:0)
「バーディーも獲ったけど、ボギーもあり出入りが激しかった。チャンスはまあまあつくれました。フェアウェイキープとグリーンをしっかりととらえ、チャンスをつくり、たくさんバーディーを決めていきたい。最後はパター勝負です」

フォン シャンシャン(37位タイ:0)
「第1日は安全にいくつもりだったけど、ショットの感触があまりよくなかった。あすはチャンスをたくさんつくりたい」

申 ジエ(46位タイ:+1) ※ディフェンディングチャンピオン
「前半は大変なプレーでした。17番(パー3)は、前に打った2人が7Iでした。6Iを選択しましたが風で戻されて、池に入れてしまった。最善を尽くした結果だから仕方ない。後半になり風がさらに強くなりましたが、本来のリズム感を取り戻すことができた。あすもこのままリズムが維持できれば、いいプレーができると思います」

鈴木 愛(70位タイ:+3)
「最悪ですね。特に何が悪い訳ではありませんが、うまくいかなかった。グリーンに思ったよりも傾斜がある。10番も下っているように見えたので、打ったらショートしてしまった」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ