ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.9.20

新たな連続記録へ 渋野日向子の挑戦

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第50回デサントレディース東海クラシック 新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)第1日

 超攻撃的スタイルで、68。渋野日向子は、「自分らしさ100%のゴルフですね」と第1日を総括した。4つのパー5。5、12、15番で果敢に2オンを狙う。中でも12番は、「練習ラウンドでは、狙うことは考えていなかった」と説明。第2打、残り247ヤードを3Wでしっかりとグリーンをとらえる。イーグルとはいかなかったものの、楽々とバーディー奪取。ギャラリーを最もわかせたシーンを展開する。

 ところが、パー3の16番で、3パットのボギーが悔やまれた。「思い出したら、腹が立つ」としながらも、「ラインを間違えました」としっかり反省する。7月の全英女子オープンで優勝してから、約2か月。状況が一変した。毎試合、大勢のギャラリー、テレビカメラに囲まれ、取材対応など多忙な日々が続く。

 ただ、適応力は抜群。「打つ前とか、素振りなど、自分の感じ出てきた。きょうは、私らしいプレーができた達成感もある。久しぶりに楽しくゴルフができた」。飛び切りの笑顔をつくり、「一緒にまわったメンバーが良かったのが、一番」と黄金世代のライバルへ感謝の気持ちを忘れない。

 さて、渋野といえばバウンスバックと、連続オーバーパーなしラウンドが代名詞になった。そこで、スタッツを再び精査していると、これだ-というものを発見。『アンダーパー連続試合』だ。ニチレイレディスから9試合、アンダーパーでフィニッシュしている。歴代1位は李知姫(2008-9年、11年)、笠りつ子(16年)、申ジエ(16-17年)の14試合だ。

 記録にも記憶にも残ることも、スーパースターの宿命である。各試合の優勝はもちろん、新たなテーマが加わった。

(メディア管理部・中山 亜子)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ