ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.10.13

次戦へ-ひとこと

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

スタンレーレディスゴルフトーナメント 東名カントリークラブ(静岡県)最終日

武尾咲希(2位タイ:-6)
「最初の3ホールをパーでぬけられたのが良かった。最後のバーディーパットがうまく打てなかったのが心残りです。ノーギャラリーは寂しかった。選手同士で声を掛け合ってプレーしました。残りの試合でいいプレーがしたいです。自分のベストを尽くせるよう頑張っていきます」

篠原まりあ(2位タイ:-6)
「(10番・8メートルを決めてバーディー)パー狙いでセンター目に打ちました。運が良くストレートラインだったので、タッチだけ合わせようとしたら入りました。きょうの成績には満足しています」

菊地絵理香(2位タイ:-6)
「(18番・チップインバーディー)48ヤードを57度のウェッジで打ちました。グリーン上では入らなかったので、外から入れた。課題はパッティングですね。いつもギャラリーの方がいらっしゃるのが当たり前だったので、さみしいというか、改めてファンの方の声援はありがたいなと思いました」

稲見萌寧(6位タイ:-5)
「久々にいい感じのプレーができました。ティーショットがあばれていたのですが、きょうは曲がらず、自信を持って打てました。(9ホールは)楽しかったし、早かったです。(次週は)コーチがキャディをしてくれます。一緒に優勝できるようにがんばります」

イボミ(6位タイ:-5)
「台風の後だったけど、信じられないぐらいコースがきれいでした。3日間プレーしたかったけど、9ホールできただけでもありがたいです。ギャラリーの方がいらっしゃらないのは、さみしかった。いつものファンの皆様のご声援にあらためて感謝したいと思いました」

全美貞(6位タイ:-5)
「12番で5メートルくらいを3パットしてしまってがっかりしました。でも、そのあとあきらめず、がんばったのがいい結果につながったと思います。(無観客は)さみしかった。やはり応援があったほうががんばれます。(次週は)安定してきているので、体力に気を付けながら、最後までがんばりたい」

笠りつ子(6位タイ:-5)
「どんな感じかな、と思ってスタートしました。とても楽しかったし、気持ちよくラウンドできました。スコアを落とすことなく終わることができたので良かった。(次週は)いい感じなので、この感じのままやりたい」

森田遥(6位タイ:-5)
「17番は残り75ヤードからのボギーでした。とても残念です。来週またがんばります」

比嘉真美子(13位タイ:-3)
「ショットの感触が良くなってきて、バーディーチャンスにつけられた。きょうは、いいイメージになりました。(今週11日)26歳になってから、オーバーパーを打っていない。2日間、赤字で回れたのでいいスタートが切れました」

イナリ(13位タイ:-3)
「ハーフのみでしたので、勢いよくラウンドしました。もう少し伸ばしたかったです。でも、アンダーパーで気持ちよく終わることができました。(無観客は)静かでした。グリーンにいってみて、すごい(ピンに)寄ってると分かり、びっくりしたりしました」

三浦桃香(13位タイ:-3)
「朝早くからコースを整備していただいた皆さんに感謝です。もう少しスコアを伸ばしたかった。ラフに入れすぎて本当にもったいない。大東建託いい部屋ネットレディスから、アンダーパーで回っている。どんなコンディションでもオーバーパーを打たないのは、去年にはなかったので成長したのかなと思う。自信をもってプロテストに挑みたい」

山内日菜子(19位タイ:-2)
「9ホールは少しもの足りない感じです。あっという間に終わってしまいました。イメージがいいので、来週トップ10に入れるようにがんばります」

新垣比菜(19位タイ:-2)
「ドライバーがフェアウェイにいっていたし、気持ちよくラウンドできました。しっかり調整して、次戦にのぞみます」

大里桃子(27位タイ:-1)
「一日、すごく早かった。ずっとパーで耐えて、最後にごほうびがきました。TOTOに出場したい。出場できるよう、来週がんばります」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ