ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.10.20

ヌック・スカパン 圧巻Vで賞金ランク1位が確定

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第19戦『日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会最終日が10月20日、香川県仲多度郡・満濃ヒルズカントリークラブ(6,448ヤード、パー72)で行われた。3位タイからスタートしたヌック・スカパンが鮮やかな逆転優勝。シーズン4勝目を飾るとともに、1試合を残して、ステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング1位も決めた。2位タイは通算9アンダーの宮崎乙実、宮田成華、サイペイイン。(天候:曇りのち晴れ 気温:23.3℃ 風速:2.0m/s)

 ヌック・スカパンは優勝を決めると、大きく息を吐き、胸をなでおろす。大仕事を成し遂げた。今季4勝目は、「価値のある優勝」と充実感を漂わせ、シーズンを振り返る。2戦目のHanasaka Ladies Yanmar Golf Tournamentから3連勝。静ヒルズレディース森ビルカップ終了時点で、獲得賞金額は1,260万円に達した。「あと、何勝」「5月中旬に、ステップの賞金1位が確定…」など、コース外からはさまざまな声が届く。

 「毎試合、プロアマが入り、生活のリズムが変わった。でも、それ以上に注目されることは初体験。私は1番になったことがなかった。期待してくださる人たちのため、がんばろうと思った」と振り返る。

 ところが、春の勢いは一気に消滅。突然、不調へ陥った。「スイングより、メンタル。6-8月は、いろいろと考え過ぎた。コーチへ相談しても、不調の原因がわからない。だから、夏場は自問自答を続けながら、プレーをしていた。でも、山陽新聞レディースカップぐらいから徐々に良い方向へ。人のためではなく、自分のためにプレーする。考え方を変えたのです」と振り返った。

 そして、今大会も、「勝ちたい、勝ちたいとは考えない。集中していけば、必ずうまくいく」とバーディーを積み重ねる。勝利を引き寄せた14番は、ピン上から7メートルのバーディーパットを沈めた。「勝てるかも」と勢いに乗って18番では、ガッツポーズで締めくくる。とにかく強かった。

 賞金1位で来季、LPGAツアー前半戦の出場権を獲得。「今季は、ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントに出場したけど、タフなセッティングだった。選手のレベルが高い。オフにしっかり準備をするのはもちろんですけど今年、苦しんだ経験を活かしたい。来年、LPGAツアーで私がどうなるでしょう。楽しみにしている」。プレー中は、鬼気迫る表情でも、ホールアウトすれば、微笑みの国からの使者へ変身した。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ