ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.1

Day1 プラスワン~鈴木愛&ペソンウ

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)第1日

 指先へエネルギーが伝わる。鈴木愛の、ちょっとした変化をご存じだろうか。右手の中指、ゴールドのリングがキラリと光っていた。「気分転換。何かを変えなければいけない。そんな気がして、ちょっとつけてみた。選手の皆さんからも、アレッ…、どうしたの。よくいわれるのですよ」。

 アクセントをつける。お年頃だ。当然のことだろう。このリングは今シーズン、全米女子オープン出場の記念に、ニューヨーク5番街のティファニーで購入したそうだ。「しばらく、ボックスから出さず、そのままにしておいた。休んでいる時、ふと目に留まって、つけてみようか。試合中も違和感はまったくない。それどころか、パッティングがとてもいい感じになった」とうれしそう。

 10月30日、プロアマトーナメントではホールインワンを達成。「プロアマで、エースは初めてでした。すごく、うれしい。やはり、ご利益ですかね」と漏らしている。5番街のティファニーといえば、オードリー・ヘプバーンの『ティファニーで朝食を』の舞台。自由奔放にいきる女性の主人公を描いた永遠の作品。ただし、1961年の名画を本人は、知るよしもなかった。「シーズンが終わったら、ゆっくり拝見します」。さて、どんな感想を聞かせてくれるのだろう。

 そんな、きっかけで取材中、自然に指先へ視線が移る。そして、ペソンウの変化にも気がつく。何と、左手の薬指にリングが。いわゆる、この指はマリッジリングのために、大事にとっておくものというイメージがある。「来日して、日本の方からそういわれることが多い。ただ、韓国でもそういうことはあるけど、未婚でもたくさんの人が左手の薬指にリングをしている」と、笑いながら教えてくれた。

 小春日和の1日。「落ち着いて、いいプレーができた」とも。さらに、リングについての話題になる。「今年、夏がとても暑かった。紫外線もすごい。きがつくと、手の甲がすごく日焼けを…。ずっと、ゴールドのリングをつけていたけど最近、シルバーに替えました。こうすることで、映えるでしょう」。なるほど、である。というのも、「ギャラリーの皆さんが見てくださるから。指先まで手抜きはしません」とのことだ。

 さらに、リングの話題は続く。「右手と左手、両方につけている。というのは、メビウスの環のように、エネルギーが両手でうまく循環するように-です。特に、左手の薬指のリングは、大事なパッティングの前など、右手で触りながら心を落ち着かせている」。

 女心と秋の空とは、よくいわれることでも、女子プロゴルファーは1ストローク縮めるため、必死の毎日なのだ。第2日、トッププロの指先にも熱視線を-。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter