ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.3

篠原まりあ 次は-V宣言

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)最終日

 篠原まりあが、通算5アンダー、10位タイでホールアウト。約150万円を加算し、今季の賞金総額が25,358,285円になった。ランキングは43位。初の賞金シード獲得をほぼ手中にした。「プロ5年目で初めて、目標を達成できた。ずっと悔しかった。だから、すごくうれしい。耐えた結果です」と胸をなでおろしている。

 今シーズン、QTランキング12位でツアーへ出場。出場33試合で、予選落ちが15回を数えたが、終盤での復調に、「パッティングの自信を取り戻した」という。調子があがってきたのは、9月の日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯第2日。「パッティングで、入るかな、大丈夫かな、という意識ばかり。でも、あのラウンドが自信につながった。気持ちひとつで、パッティングがこんなにも変わるなんて…」と、しみじみ語っている。公式競技で7バーディー、ノーボギー、65のスコアが起爆剤。

 ただし、ここで満足するわけにはいかない。次戦は、2週後。「思い切って、初優勝を目指します。いつも、QTだったから、プロになって初めて、気楽に(誕生日を)迎えられる」。今大会では、第1日にホールインワンを達成した。11月17日、23歳の誕生日は伊藤園レディスゴルフトーナメントの最終日だ。自身の力で最高の祝宴へ変わる。

(メディア管理部・森谷 清)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ