ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.6

渋野日向子 賞金女王へ-ブラウンで勝負

 国内唯一の全米女子プロゴルフ協会公式戦。LPGAツアー第36戦の『TOTOジャパンクラシック』(賞金総額1,500,000ドル、優勝賞金225,000ドル)が11月8日、滋賀県大津市・瀬田ゴルフコース北コース(6,659ヤード/パー72)で開幕する。6日は快晴。プロアマトーナメントが盛大に開催された。

 渋野日向子が2週ぶりにLPGAツアーへ復帰する。第1日はレキシー・トンプソン、ユソヨンと同組。「いいペアリングすぎますね」と表情が輝いた。というのは、「高校時代、レキシーの飛距離に憧れた。同組だったので、分かっているじゃん。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を添える。

 ただし、喜んでばかりはいられない。出場するからには結果を求められる。「前週は悔しかった。しっかり勉強した分、今回はいいプレーをしたい」と力を込める。「今回、米ツアーは3試合目。そして、日本でプレーするからには、上位争いですよ」と頼もしい。加えて、賞金女王のタイトルの行方を左右する大一番。「プレッシャーはない。1試合、1試合、がんばるだけです」と闘志を燃やす。

 コースの印象は、「大里桃子と、初めて一緒にラウンドしたコース」と思い出を語る。「高校1年で出場した、全国高等学校ゴルフ選手権春季大会です。桃子が劇パーをとった。今のパーセーブはすごかった-と初めて言葉を交わしました」という。

 季節は晩秋。ちょっとした変化がみられる。アイシャドウをブラウン系の色に変え、グッ大人のムードに。「女子力、アップですよ」。笑顔で締めくくる、渋野スタイルは変わらない。

(メディア管理部・中山 亜子)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter