ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.7

イソルラ トップ合格へ前進

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2019年『LPGA最終プロテスト』大会第3日が7日、岡山県笠岡市・JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(6,398ヤード/パー72)で行われた。67をマークしたイソルラが、通算9アンダーで単独首位に立った。通算7アンダー、2位タイに石川怜奈、劉依一が続く。競技は72ホールストロークプレーで、上位20位タイまでが合格する。

(天候:晴れ時々曇り 気温:18.6℃ 風速:1.1m/s)

 5バーディー、ノーボギー。イソルラが完璧なプレーで単独首位へ浮上した。「ショットのミスがなく、パッティングが良かった結果です」と、顔をほころばせる。前半から、ショットがピンに絡み、4バーディーを奪取。後半に入ると、「風が強くなって、難しかった」というものの、1バーディーを上積みして、通算9アンダーとした。

 トップ合格者には、QTファイナルステージへの出場資格が付与される。その質問に、「初めて聞きました」といい、「あす、18ホール残っている。一生懸命プレーした結果、そうなればうれしい」と笑顔をつくった。

 KKT杯バンテリンレディスオープンでは、最終日を首位タイでスタート。が、プレッシャーからか、スコアを崩して8位タイに終わった。「いい経験でした」と振り返りながら、「日本でも、プロのライセンスを取りたい。今回は無心に、最善のプレーをします」。同じ轍は踏まない。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ