ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.29

渋野日向子 きょうも笑顔のプレー&記者会見

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 宮崎カントリークラブ(宮崎県)第2日

 すべてが見どころ。瞬きをする間もない。渋野日向子はこの日も、規格外。通算4アンダー、3位タイの成績へ満足そうにうなずいた。「まだ、(優勝の)チャンスがある。80点です。きのうより10点のアップは、次へつながる望みがあるからです」と、恒例の自己評価を行っている。

 スタートから、ピンチを迎えたが、持ち前の勝負強さを発揮。1番、5メートルのパーセーブは、ハラハラドキドキだ。「そういえば、ピンチでしたね」と他人事のよう。「前半、ショットの調子がおかしい。右へばかりボールが行ってしまう。4番ではシャンクも…」と振り返った。それでもガマン。ターニングポイントはパー3の12番だった。

 「7Iの第1打がちょっと引っかけ気味。でも、ボールは左へ飛んで行った。あそこから変わったのです」。ミスをラッキーに変えてしまう思考力は、ピカイチかもしれない。だから、きっかけをつかめば一気に。12番では2オンに成功。バーディーを奪取する。さらに、14番では、7メートルを、「スライスからフックのライン。だから、右カップいっぱいに狙って、最後のコロッで入った」と連続バーディー。首位とは3打差で決勝ラウンドへ向かう。

 「きょうは、楽しもうという感じではない。口を開くたびに、ハラへった-でしたからね。開幕前、1日2アンダーぐらいかなぁと話したら、本当に2アンダーずつ。ここまでは、何とか読み通りに来ています。ここからは、パーオン率をもっと高くしたい。きょうは、きのうと違って暖かく、風がなかったにもかかわらず、同じスコアでした。ゴルフがしやすい環境でも、アレッという感じもしましたね」。なるほど、ゴルフは不思議なスポーツだ。

 8月の全英女子オープン制覇で一気にスターとなった。帰国当日からスタートして、以降は出場試合など、スコアの良否にかかわらず毎日、終了後は記者会見がルーティンである。そのたびに、よくそこまでトークで盛り上げられるなぁ、と感服するほどだ。これほど発信力を備えたアスリートは見たことがない。

 根底にあるのは感謝である。改めて、「育ててくださった周囲の方へ感謝をいたします。2年前から(青木)コーチの指導を受け、さまざまな技術はもちろんですけど、自分のゴルフがどういうものか。それを理解できた。また、(用具契約をする)ピンさんのスタッフには、いろいろな工夫をしてくださったからです。期待に応えようとする気持ちが、今につながっている」。しみじみと語った。

 また、大声援をおくるギャラリーにも熱烈感謝だ。「今シーズン、LPGAツアーへ出場した頃、プレーをしていても、見てくださるのは知り合いの人だけでした。それが、だんだん人数が増え、(伊藤園レディスゴルフトーナメント)では予選落ちしたにもかかわらず、たくさんの励ましをいただきました。たとえ、ボギーでも頑張れですよ。一番の恩返しは、やはり優勝。残りの2日間、できる限りいいプレーをします」と元気に話している。

 ちなみに、本日の渋野語録。大爆笑は最後に残されていた。11月29日はイイ肉の日。「ずっと何かの記念日だと、気にはなってはいました。そうですよね。だけど、きょうは水炊きの予定です。きのう、宮崎牛をいただきました。宮崎からは絶対、太って帰る」と宣言した。

 また、大会最終日の12月1日は映画の日だ。もし、大逆転の優勝&賞金女王&メルセデス最優秀賞を獲得できれば、映画よりおもしろいエンディングである。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ