ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.11.25

最新情報ーJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップー明日へひとこと

<Photo:Kenta Harada/Getty Images>

JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 宮崎カントリークラブ(宮崎県)第2日

セキ ユウティン(2位タイ:-8)
 「難しいコースで、2日連続60台はすごくうれしい。きょうは、ドライバーがよくて、12回フェアウェイキープできたのが大きい。このコースのポイントはグリーンの芝目です。中国では、強い芝目のグリーンが多かったので、読みやすい」

菊地絵里香(4位タイ:-7)
 「あすが勝負。優勝争いに残ることが大事です。まだギリギリ追いつける。きょうは、ティーショットが良くなかった。ただラフに入っても、ライに恵まれて、耐えることができた」

三ヶ島かな(4位タイ:-7)
 「締めが悪かったですが、終わったこと。切り替えて、あしたがんばろうと思います。最後のダボまでは順調だった。淡々とプレーすることを心掛けている。あすも引き続きフラットな気持ちをキープしたい」

稲見萌寧(7位:-6)
 「(残り2日間は)ショットが少しずつでもよくなって、その状態をキープできたらいいですね。あと、グリーン周りが難しい。うまくリカバリーしていきたい。(最後ナイスバーディー)ティーショットが右ラフへ。残り185ヤード、U4を短く持ってフェースを開き、コントロールショット。グリーン手前にワンクッションさせて、右3メートルへつきました。もちろん狙ってはいたけど、本当にその通りにいった」


渡邉彩香<Photo:Kenta Harada/Getty Images>

渡邉彩香(8位タイ:-5)
 「コントロールショットや距離を落とすショットが決まってくれば、もういいゴルフができそう。あと2日間のポイントですね。山下美夢有ちゃんと久しぶりに一緒にラウンドができて、楽しかった。お互いにいいプレーで良かったですが、後半、崩れたのは残念」

鈴木愛(8位タイ:-5)
 「(首位は)あと1日で追いつくのは難しいけれど、あと2日間ある。伸ばしていかないといけない展開。伸ばせるショット、パッティングができるよう、調整したい。きょうは、最後4-5ホール、ショットが乱れてしまった。最後もピンチだったけど、うまくパーセーブできた。あすにつながる」

野澤真央(8位タイ:-5)
 「パー3でピンチが多い。そこをチャンスにできるよう、しっかり調整したい。きょうは、パッティングが入ったから良かった。アプローチもうまくいっている。そのおかげで、オーバーになってない」


金田久美子<Photo:Kenta Harada/Getty Images>

金田久美子(13位タイ:-4)
 「それなりにいいプレーができたと思う。あと2日間、ボギーを打たないゴルフをして、いいオフに入りたい。一日通して、それなりにいいプレーができた。高麗芝グリーンでラインがなかなか読み切れない。本当に難しいなぁ」

渋野日向子(17位タイ:-3)
 「きょうは(スコアを)落としはしなかったけれど、やはり伸ばしたかった1日だった。トップとはかなり差が開いてしまいましたけど、残り2日、行けるところまで行きたい。攻めの気持ちは忘れたくないから、パー5では2オンを狙う。ラフからでも果敢に攻めている。なかなかチャンスについていないし、きょうもボギーにしてしまったところもある。悔いが残っている。残り2日でウェッジの縦距離を合わせていきたい」

岩井千怜(25位タイ:0)
 「コースにやられているなぁ。バーディー獲ろうとがんばっているのですが、シビアなパーパットばかり。なんとか耐えている。この2日間、60台が出せていない。あしたこそ」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー