ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.11.30

60%に賭ける 渋野日向子のファイナル

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 宮崎カントリークラブ(宮崎県)第3日

 スマイリングシンデレラが怒る。渋野日向子は、わずかワンプレーで、せっかくの良い流れを遠ざけてしまった。首位から2打差の3位の好位置にも、自己採点は「50点」。実に厳しい。

 「13番からショットが荒れて…。たとえ風でもっていかれても、パー5でボギーを叩くことは一番ダメです。17、18番も力んで左へボールが行く。うーんと思いながらプレーしていましたね」と要因を分析した。終盤になればなるほど、勝負強さを発揮することが真骨頂。ところが、この日は連続ボギーでホールアウトした。

 「せっかく、16番でパーセーブができても、17番ではあれだけ左へ。もうブチ切れましたね」と感情のコントロールがままならない。まぁ、長い人生。こんな1日もある。

 「きょうは、たくさんの方が見てくださったにもかかわらず、情けないゴルフ。ちょっと悔しいなぁと思う。だから、あすはもっと良いプレーを見せられるように頑張りたい。良かったのは、9番のアプローチぐらいかなぁ」と倍返しを誓った。

 逆転Vの可能性は「60%」。また、賞金女王のタイトルも「最後まで諦めないことが大事」と奮い立たせた。「悔いが残らないように、スタートからショートするゴルフは絶対にしません。堂々とピンを狙いたい。きょうのようなプレーはしません。練習して、しっかり眠れば、気持ちは切り替わる」。逆境に強いことは実証済みだ。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ