ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2013.9.25

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 開催!

1年ぶり日本ツアー参戦の宮里藍
"若い世代の活躍は、私にとっていい刺激"

 2013年度LPGAツアー第27戦『ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント』(賞金総額7,000万円、優勝賞金1,260万円)が9月27日(金)から29日(日)の3日間、宮城県宮城郡利府町の利府ゴルフ倶楽部(6,498ヤード/パー72)で開催される。

 2003年に当時アマチュアで今大会に出場し、衝撃的な優勝を飾ったあの日から10年…。今では米ツアーを主戦場とする宮里藍だが、1年ぶりの国内ツアー参戦に選んだのは、思い出の地、宮城だった。


 「今回は米ツアーも2週空いていたし、タイミングもあって参戦になりました」という宮里。アマチュア優勝時は18歳だった彼女は28歳となったが「もう10年というのもありますし、色々な経験もしました。でもこのコースは相変わらず素晴らしい状態ですし、攻め方は何も変わらない。最近の10代や若手の選手は距離が出て怖いものが無いので、私にとって刺激になるし、いい影響になります」と目を輝かせる姿は当時と変わらない。

 金曜日の大会初日は高校の後輩である有村智恵と、現在賞金ランキング1位でディフェンディングチャンピオンの森田理香子とのペアリング。「有村選手とは2年前のこの大会でも同組。森田選手はダイナミックなプレーに加え、最近は精度も上がっていると思う。それにランキング上位にいるということは、パッティングが良い証拠なので、私も勉強できたらと思っている」と謙虚に答えた。


 自身の調子はというと「先週の火曜に日本に帰国して、5週間の連戦の疲れを取りました。時差ボケも無いし、ショット、パット共に好調です」と万全の様子。今シーズンは米ツアーでの優勝は無いが「いい意味で自分を見つめ直しているところ」前向きだ。加えて今週は新たなドライバーとの相性が抜群のようで、「フィーリングも良いし、今週の大きな武器になると期待しています」と自信をのぞかせる。

 今大会には、先週のトーナメントでツアー通算20勝目を飾った横峯さくら、現在ランキング上位の吉田弓美子、堀奈津佳、比嘉真美子などが出場を予定。その他にも、宮里とおなじく東北高校出身の木戸愛、大江香織、菊地絵理香、東北福祉大学出身の佐伯三貴、原江里菜など、地元ゆかりのトッププレーヤーたちも多数出場し、大会に華を添える。“東日本大震災復興支援”と銘打った今大会。国内外のトップ選手たちが、白熱した戦いで東北を盛り上げる。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ