ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.12.15

桃子の慧眼 愛と日向子−最強タッグは負けない

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 男子・女子・シニアのトッププロによる国内最強マッチ。『Hitachi 3Tours Championship 2019』が12月15日、千葉県成田市・グリッサンドゴルフクラブで開催された。シーズンの勢いをそのままに、LPGAが2015年以来、4年ぶり5度目の優勝。4ポイント差の2位はPGA、3位が5ポイント差でJGTOだった。大会MVPは小祝さくら。
(天候:曇り 気温:9.8度 風速:1.8m/s) 成績表はこちら→

 エキシビションとはいえ、負けるわけにはいかない。LPGAツアーを代表する鈴木愛、渋野日向子という、トップ2のコンビ。シーズンの勢いをそのままに、男子の2ツアーと真剣勝負である。

 「楽しかった。お互いのいいところを引き出すことは、個人戦にはない新鮮なところです。うまく結果が出た。ベストボール方式の前半が終わった後、オルタネートの後半へ向け、2人で話し合ったのです。それが良かったのかなぁ」と、鈴木は好調の要因を分析。負けず嫌いは自他ともに認めるところだ。エキシビションとはいうものの、シーズン中から今大会の出場を気にしていた。

 「男子の皆さんと、ご一緒できる唯一のチャンス。絶対に出場したい」と漏らしていたのは、賞金女王のタイトルへ快進撃がスタートした樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの開幕前日。というわけで、最終戦終了後も休養ではなく、指折り数え、この日を待っていた。

 「前半、ショットが左へ行ってしまった。あまり、調子がいいとは言えなかったけど、そういう時は渋野さんがカバーしてくれたのです。幸い、後半はショットもパッティングもいい手応え。すごくいいラウンドだったと思う。抜群のチームワークでした」と満点をつけ、頼もしいパートナーをたたえている。

 では、一方の渋野はどうだったのか。「皆さん、期待をしていたと思います。申し訳ないけど、愛さんのプレーは私、観客として見ていました。頼もしい、といっては失礼ですけど、すごかったです。このパッティング、絶対に入ってくださいと祈っていたら、すべてカップイン。本当にありがたかったです」と話した。さらには、自身を「ショットがボロボロでした」と控えめに…。

 ただし、2人のペアはあうんの呼吸ともいえるように、素晴らしいコンビネーション。「愛さん様様でした」と評したが、負けないペアを決定したのは、キャプテンの上田桃子だった。唯一、LPGAだけが前後半でペアを変更しなかった。「ひとつも負けていない。一番良かった点ですね。失敗してもゴメンではない。あとは任せた-そんな感じ。チームとしても、ペアとしても最高です」。上田の慧眼には脱帽である。ギャラリーの注目を集めると同時に、お互いの良さを引き出した。

 渋野は、「また来年、帰ってきます。もっと活躍できるようになって。愛さん、男子プロ、シニアプロの皆さんのアプローチをしっかり拝見した。こういうものがある、という発見をたくさん」と収穫の1日だ。4年ぶりの優勝。LPGAは2020年へ向け、最高のフィナーレである。

(メディア管理部・森谷 清)



記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ