ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2013.11.14

伊藤園レディスゴルフトーナメント 開催!

その差、276万円!賞金ランク1位の森田理香子と
2位の横峯さくらが初日から同組対決!

 2013年度LPGAツアー第34戦『伊藤園レディスゴルフトーナメント』(賞金総額9,000万円、優勝賞金1,620万円)が11月15日(金)から17日(日)の3日間、千葉県長生郡長南町のグレートアイランド倶楽部(6,639ヤード/パー72)で開催される。残り3試合となった今季のLPGAツアーの注目は大混戦の賞金女王争い。賞金ランキング1位の森田理香子と2位の横峯さくらとの差は僅か約276万円。大会初日はこの2選手に先週の『ミズノクラシック』を制したテレサ・ルー(台湾)が加わり、“頂上決戦”が繰り広げられる。

 現在賞金ランキング1位の森田理香子は一時期の不調からは脱したものの、ここ4戦はすべて20位以下と苦戦を強いられている。この日はプロアマ大会を終え、「コースも変わって気持ちも新たに出来るので、コースは難しいですけど、バーディーチャンスに付けられるように」と明るい表情。横峯との同組対決では平均ストローク70.625と好成績を残しており、「回る機会も多いですし、慣れているというか、さくらさんの持っている素晴らしさも勉強になります」と余裕を見せた。残り3試合となった賞金女王争いについては、「早いですね。一生懸命、悔いのなくやっていきたい」と力を込めた。

 賞金ランキング2位の横峯さくらは、9月以降2勝と抜群の安定感で、一時は4,300万円以上あった森田との差を約276万円差にまで詰めた。プロアマ大会の今日も「調子はまずまず。今週は1度優勝している大会なので、頑張ります」と逆転へ意欲十分。森田、テレサ・ルーとの同組については「まだ初日なので。でも2人とも飛距離が出るので羨ましいです。間違いなく私がセカンドオナーでしょうね」と苦笑い。“2回女王を取れれば、それこそ本物”と語った真の女王へ向け、ラストスパートをかける。

 その他にも、ディフェンディングチャンピオンのイボミ(韓国)をはじめ、森田、横峯を追いかけるランキング3位の佐伯三貴、先週の大会で日米両ツアー初優勝を飾ったテレサ・ルー(台湾)、ランキング上位のアンソンジュ(韓国)、吉田弓美子、比嘉真美子、堀奈津佳、本大会主催の伊藤園契約プロである日下部智子、馬場由美子、綾田紘子、山本亜香里などが出場。 

 昨年の大会は、初日に64ストロークをマークした有村智恵が試合をリードする展開となったが、3日間60台のスコアを並べたイボミがじわじわと追い上げ、最終18番でついに有村をとらえる。迎えたプレーオフでは、正規のラウンドの勢いそのままに、イボミが1ホール目でバーディーを沈め、シーズン2勝目を手繰り寄せた。来季の賞金シード権を争うランキング50位前後の選手たちにとっても、今大会での成績が命運を大きく左右することになる。それぞれの選手がそれぞれの目標に向けて戦いに挑むシーズン終盤戦。秋の空を焦がす熱戦に期待したい。


大会最終日の11月17日(日)に、ゴルフ未経験・初心者の小中学生を対象とした『LPGAジュニアゴルフレッスン会』を実施いたします。当日会場にて先着順で参加者の募集を行いますので、ぜひお気軽にご参加ください。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ