ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.5.7

日本が16年ぶりの勝利-プレイバック 2000 Part 2

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は今年、創立53年目を迎えました。これまでの歴史の側面をご紹介します。今回は2000年から2009年までの10年間を振り返ります。

 1973年、ラコステカップ日米対抗として始まった日米両ツアーの激突は大会名、競技方法を変えながら、秋の名物トーナメントとして定着した。この年はシスコワールドレディースチャレンジとして、10月27日から総成CCで開催される。代表は日米各12人。日本は賞金ランキング1位の不動裕理が主将を努め、アニカ・ソレンスタムを筆頭に強豪揃い米ツアーを迎えた。

 フォアボール方式の第2日まで、米ツアーが7-5とリード。しかし、1対1のストロークで争う最終日に日本ツアーが奮起する。福嶋晃子がホールインワンを含む66をマークし、朴セリに勝利。藤井かすみはアニカ・ソレンスタムと引き分けに持ち込むなど、8勝3敗1分けと圧勝する。逆転で16年ぶりの勝利を収めた。

 残念なことに日米対抗は、この年で幕を下ろす。団体戦の通算成績は日本の4勝22敗だった。

【賞金ランキング】
1位 不動 裕理  ¥120,443,924
2位 中野 晶   ¥73,622,445
3位 具 玉姫   ¥69,281,930
4位 高村 亜紀  ¥65,081,375
5位 安井 純子  ¥59,336,310

【社会のできごと】
2/6 大阪府知事選で太田房江が勝利。全国初の女性知事誕生。
7/23  タイガー・ウッズが全英優勝。史上最年少24歳でのグランドスラム達成。
9/24  シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子が陸上日本人女子初の金メダル獲得。



記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ