ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.6.25

拍手と20分の睡眠で上昇 鈴木愛、好スタート

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

アース・モンダミンカップ カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県)第1日

 これぞ、女王のゴルフ。鈴木愛が68と上々のスタートを切った。最難関という前評判のパー3、9番も見事に攻略。5Uでピン手前2メートルにつけ、楽々とバーディーを奪った。この日、際立ったのはパッティングだ。「唯一、3パットの7番はラインの読み違い。全体にストローク、タッチなど、すごく調子が良かった」と歯切れがいい。

 一方で、前日まで好調だった1Wは「フェアウエイキープしたのは6ホール。5番でミスをしたら、調子が悪くなって…。でも、あまり自信がなかったアイアンショットは方向性が良くなっている。いいバーディーをたくさんとれた」と説明している。

 そして、好調を支えたのは同伴競技者のおかげとも-。ホールアウト後も笑顔が絶えない。感謝の言葉を何度も伝えた。「(同組の)藤田さいきさん、川満陽香理さんが盛り上げてくださいました。1番のティーショット、私が最初に打ったら皆さんから大きな拍手が…。それから、自然にキャディーさんも含めて、そんなムードになった。ミスをしてもオッケーという感じでこちらも励みに。とにかく、楽しいラウンドでした」という。

 さらには、降雨によるコンディション不良で、1時間のスタート遅れもプラス材料としてしまうことも、さすがだった。「これといってすることがない。20分、寝ていました」と、はずかしそうに語っている。

 そして、「あすは風が吹く予報です。きょう、貯金ができたことは良かったと思います。それから、10-13番と難しいホールが続きます。早朝でしかも10番からのスタートですから、しっかりパーセーブをしないといけない。14番から、ちょっとずつバーディーをとれればいいですね。とにかく、オーバーパーを打たないようにする」。しっかりと気を引き締めた。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter