ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.6.29

輝いた田中瑞希は3位タイ

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

アース・モンダミンカップ カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県)最終日

 18番のパーパットを沈めると、3位タイに終わった田中瑞希は安どよりも、悔しさがにじむ。「18番、イーグル狙いで攻めました」。徹底した強気のスタイルを貫いた。

 前半をイーブンパーでしのいだ。勝負のバック9。しかし、11、16番でボギーを叩いた。最後まで優勝をあきらめず、「落ち込んでいる場合ではない」と自身へ奮起を促す。その証が17番のバーディー奪取だった。

 かつて経験したことのない重圧が、この日は21歳の新鋭にのしかかったのか。それでも、1打差の大健闘は、全国のファンへ素晴らしい印象をアピールできたに違いない。「しんどかったです。きょうも、第3日と変わらずプレーできたけど、大事なところでティーショットを曲げ、3パットが…。良い流れに乗れなかった」と敗因を語った。

 前日、予期せぬ水入りで、レンタカーの延長などに奔走。その後、「練習場へ行ってから、ホテルで休養した」という。これまた、貴重な経験である。振り返れば、初Vまであとひと押しがたりなかった。「今回、ダメだったところを修正したい」と意欲満々だ。最終プロテスト合格まで遠回りをしたが、今季の初賞金、1,560万円を獲得。黄金世代が今大会を大いに盛り上げた。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter