ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.9.5

上昇一途の渡邉彩香 パッティングで魅せる

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント GOLF5カントリーみずなみコース (岐阜県)第2日

 飛距離ばかりではない。渡邉彩香といえば、飛ばし屋のイメージが強い。しかし、この日は3連続を含む5バーディー、1ボギーで4位タイへ浮上。ショートゲーム、パッティングの妙がクローズアップされた1日だった。

 前週の第3日から、パッティングのアドレスが変わったのをご存じだろうか。意図的にボールの近くへ。自分を信じて創意工夫をしたことで、「きのうからすごく良くなっている」という。結果はスコアへ直結。笑みが絶えない。そして、完全復活を改めてアピールする。「調子が悪くなる前までは当たり前でした」と前置きし、「3試合連続で予選を通過するのは何年ぶりだろう。おかげで、ストレスがない。やはり、ゴルフは楽しい」。しみじみと話した。

 当然のように、「あすは、前半から飛ばして上を追いかける」とシーズン2勝目を射程圏に入れた様子だ。今季、第1戦のアース・モンダミンカップで5年振りの劇的な復活V。ところが、第2戦から、「パッティングの調子が悪く、いろいろと対策を考えていた。近すぎるのかも…。そう思って、意識的にボールから離れた」と試行錯誤を繰り返し、ふとある考えが脳裏をよぎる。

「調子がいいときは、ボールの近くに立っていた。ボールに近い方が球をつかまえやすい。昔のことを思い出した」。わずかなことでも、大きな違い。ゴルフの奥深さである。

(メディア管理部・宮崎 善秀)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter