ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.10.4

次戦へ-ひとこと

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

日本女子オープンゴルフ選手権 ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県)最終日

小祝 さくら(2位:-12)
「きょうは、本当に追いつきたかったですが…。攻めていかないとだめだ、とわかっていました。前半はいいショットを打てず、出入りが激しいゴルフになってしまった。でも、後半はアイアンショットが良くなった。16番ではいいラインについたのですが、パッティングを外してしまった。それ以外はとてもいいゴルフでした。悔しい感じで終わってしまった。リベンジしたい気持ちですし、あすから、また練習をがんばりたい」

上田 桃子(3位タイ:-8)
「朝の練習場ではショットがいい感じ。フェアウェイキープできれば、チャンスがくるかなと期待していました。でも、前半なかなかフェアウェイにいかなくて、チャージをかけられなかった。(3連続バーディー)バーディー先行でいきたかった。でも、1番ホールでとれなくて、ボギー先行に。前半、アンダーパーで折り返さないとプレッシャーをかけられないと思っていたところに3連続。いいパッティングが入りました。後半もプレッシャーをかけていければ、勝負できるかなと思っていましたが、途中でボードをみたら、ふたりとも伸ばしていた。とはいえ、メジャーなので最後まであきらめずプレーしました。今週の調子にしては、4日間よくがんばりました」

仲宗根 澄香(3位タイ:-8)
「前半はいつもの自分の感覚でショットが打てませんでした。12番のティーショットがしっかり打ててから、自分の感覚が戻り、13番からの3連続バーディーが獲れた。前半の自分の動きを見ると緊張しているんだなと思った。デサントレディース東海クラシックの時にトップ5を目指そうとして17番でボギーを打ってしまった。今回は3位タイで良かった。シーズンを通して、このままの調子を維持してプレーしていきたいです」

吉本 ここね(7位タイ:-5)
「プロになって、トップ 10 は初めてだったので、達成できてうれしいです。やはり、テレビ等で見ていただきながらのスタートということで、緊張しました。それでも目標のトップ 10 に入れたことは自信になります。シーズンは長いですが、シード権を獲ることが目標です。そのために 1 試合 、1試合、目標を立ててやっていきたい」

岩井 明愛(14位タイ:-2) ※ローアマチュア
「(4日間)楽しかった。正直いうと、密かに優勝を狙っていたので、悔しい気持ちもあります。高校3年生という立場で、新型コロナウイルスの影響で出場できる試合が限られている。いつも応援してくださる方々に良い結果報告が出来ればいいと思っていました。試合も少なくなってきていたので、この試合には気持ちがかなり入っていた。将来は海外のメジャーに出場してみたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter