ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.12.25

2020年度「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー清元登子賞」受賞者決定のお知らせ

 年間を通じて、優れたゴルフ指導技術・ゴルフ理論を有すると認められた会員の功績を称える「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー清元登子賞」の受賞者が、以下の通り決定しましたので、お知らせいたします。
 なお、受賞者への表彰につきましては、『JLPGAアワード2021』において実施する予定です。

《ティーチャー・オブ・ザ・イヤー清元登子賞》
受賞者 :松村 公美子(まつむら くみこ)
2006年1月1日JLPGA入会
JLPGAティーチングプロフェッショナル会員
JLPGAティーチングプロフェッショナル資格A級

受賞理由:JLPGAティーチングプロフェッショナル資格取得の際に学んだゴルフ理論と、これに対応するエクササイズとして考案した「ゴルフスイング体操」を7年間以上実践され、多くのゴルファーに対し、健康維持・ゴルフによる障害予防・ゴルフ技術の向上・ゴルフスイング習得の効率性向上を図り、受講者(一般、学生)からの感想やアンケートによる集計から、その成果が実証され、優れたゴルフ指導技術であると認められた。

松村 公美子
「機能解剖(筋・骨格・関節の構造や機能)の書籍や人体模型と向き合いながら、ゴルフスイングに直結する『ゴルフスイング体操』を考案しました。ゴルフスイングにおける安全で効率的な身体の動かし方を考えるようになって約15年。これまで私のレッスン法として育てて参りました『ゴルフスイング体操』が、ゴルファーの皆さま全てに楽しみながらご活用いただけるものとなりましたら幸甚でございます。この度は、素晴らしい賞を受賞させていただき、ありがとうございました」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter