ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.5.9

ベストスコアで猛追 稲見萌寧2位T

<Photo:Atsushi Tomura/Getty images>

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 茨城ゴルフ倶楽部 東コース(茨城県)最終日

 もっとうまくなる-。稲見萌寧が最終日、66のベストスコアをマークし2位タイへ食い込んだ。後半、一時は首位へ1打差に迫り、意地をみせた。「内容は良かった。でも、予選ラウンドの2日間でスタートダッシュに失敗。おそらく、きょうはそれほどスコアが伸びないと予想をしていたし、プレー中もスコアボードで状況はすべて確認。優勝というよりも、どこまで行けるかを考えた」という。

 前半は静かに1バーディー。後半へ入り、一気に上昇へ転じた。10番、7Iの第2打を70センチにつけ、バーディーを奪う。続く11番では右奥5メートルを決めて連続バーディー。そして、13番から再び、3連続バーディーは怒とうの快進撃である。ただ、残り3ホールはすべてがパーセーブ。

 首位に立った西村優菜へ強烈なプレッシャーをかけることは叶わなかった。「それほど、調子が良かったわけではありません。絶好調で思い通り行くことはないでしょう。公式競技は、私にとってとても大事な試合です。だけど、出場する試合はすべて大切。次週も初めて挑戦するコースですから毎週、上位で戦っていきたい」。静かな口調で折り合いをつけている。

 今年の勝率は40%、トップ5率60%、トップ10率80%と群を抜いた成績が際立つ。勢いだけではない。これが実力者、また自身が大目標とする永久シードへのプロセスだ。

                          (メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter