ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.6.6

惜敗の三ヶ島かな 『入れたら、入れ返された』 

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ヨネックスレディスゴルフトーナメント ヨネックスカントリークラブ(新潟県)最終日

 久々の優勝争い。三ヶ島かなは健闘したものの、ついに頂点に立つことはなかった。2日連続のボギーフリー。最終日は4バーディーで首位を猛追し、今大会を大いに盛り上げた。

 「パッティングが、もう少し決まっていたら…」という。最大の見せ場は最終18番の攻防だ。「イーグルを取りにいくつもり」で果敢に、3Wで2オンを狙った。惜しくも届かなかったが、PWで20センチに寄せる絶妙の第3打を披露。首位の笠りつ子へ、強烈なプレッシャーをかける。当然のように、バーディー。ところが、「入れたら、入れかえされました」と天を仰いだ。

 この日、攻めへ転じたのは後半。11、13番でバーディーを奪う。しかし、チャンスだった14、15番のバーディーパットが決まらない。「いいストロークをしてもダメでした。まるで(カップの前で)誰かにいたずらをされているのかなぁ、と思ったほど」と、本当に惜しかったということを表現。なるほどだった。

 21年、前週まで11試合出場でトップ10が1回。今回の内容から、そんな不振がうそのようだ。「久々の上位。最終日、最終組の攻め方ができた。雰囲気を十分に味わえたことがうれしい。楽しかった」といい、「優勝に手が届かないのは、攻める気持ちが足りない」。1日のプレーを整理しながら結論を出した。鉄は熱いうちに-。次週がさらなる実践の時だ。

                                                      (メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter