ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.6.25

首位の菊地絵理香『チャンスが巡ってきた』

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGA ツアー2020-21シーズン第31戦『アース・モンダミンカップ』(賞金総額3億円・優勝賞金5,400万円)第2日が25日、千葉県袖ケ浦市・カメリアヒルズカントリークラブ(6,639ヤード/パー72)で行われた。菊地絵理香が4バーディー1ボギーの69。通算10アンダーで首位をキープした。2打差の通算8アンダー、2位タイはテレサ・ルー、西郷真央。以下、通算8アンダー、4位タイで全美貞、青木瀬令奈が続く大混戦となった。
(天候:曇り 気温:25.0℃ 風速:2.0m/s)
《グリーン=スティンプ:12フィート コンパクション:24mm》

 気迫が勝った。菊地絵理香が好調キープ。通算10アンダーで決勝ラウンドを迎える。フェアウェイキープを第一に掲げた。しかし、それほど都合よくいくとは限らない。前日は2ホールを外しただけだったが、この日は「半分近く…。第1打が少し悪かった」という。

 ただし、その分は第2打以降で十分にカバー。特に前半は2番=7メートル、4番=8メートルといった、見事なロングパットでバーディーを決めた。「チャンスは結構あったと思う。でも、短いバーディーチャンスを生かせなかった。18番。いいところにつけたけど、芝目が読みづらい」と振り返る。ただし、4バーディー、1ボギーの内容は見どころ十分。

 また、会見では独自の勝負哲学を語った。「(第1打で)3Wを持つ。これも攻めることには変わりがない。特に今回のコースは、レイアップしても、ファーストバウンドでラフへ行くことがある。そういうコース。ラッキー、アンラッキーはそこで分かれるかもしれない」といい、「毎日が大事なプレーだけど、勝負の意味ではやはり第3日が大事。ポイントは明日ですね。4日間大会では、第1、2日は様子見のようなところもある」。

 そして、強く、「あすは優勝争いのポジションに残ることが大切。チャンスが巡ってきた。意識しています」と、明確な目標を言葉にした。プロ14年目のベテランは静かな闘志をみなぎらせている。

                                                               (メディア管理部・中山 亜子)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter