ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.9.5

吉田優利 継続と精進の逆転V

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGA ツアー2020-21シーズン第40戦『ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント』(賞金総額6,000円・優勝賞金1,080万円)大会最終日が9月5日、三重県四日市市・ゴルフ5カントリー四日市コース(6,563ヤード/パー72)で行われ、ルーキーの吉田優利が逆転優勝。序盤から首位が入れ替わる大混戦だった。通算14アンダーで並んだ吉田と岡山絵里がサドンデスのプレーオフへ。2ホール目で吉田がパーをセーブし、通算2勝目を飾った。
(天候:曇り 気温:28.1℃ 風速:1.6m/s)
《グリーン=スティンプ:9 2/3フィート コンパクション:21mm》

 大混戦。誰が優勝するのかわからない。5番から猛チャージをかけた吉田優利が岡山絵里とのプレーオフを制して、通算2勝目をあげた。抜群の安定性はハイスコアの勝負でさらに磨きがかかったようだ。

 初優勝を飾ってから約1カ月。プロゴルファーがもっとも難しいといわれる通算2勝目を、「早かったと思います。まさか、今大会で優勝できるなんて考えてもいなかった。幸せです」と飛び切りの笑顔で表現する。

 前半5バーディー、1ボギーで折り返す。勢いが増したのはパー3の12番。8メートルのバーディーを沈め、14番からの3連続バーディーへつなげた。特に15番はバンカーからチップインを決める圧巻の内容。また、「キーホールになった」と解説した16番では8メートルを決めている。

 しかし、18番でボギー。1打のアドバンテージを保ち、ホールアウトしたが、後続の岡山へ追いつかれ、決着はプレーオフへ持ち込まれた。そして2ホール目にパーをセーブ。岡山がボギーを叩いて、混戦にピリオドが打たれた。際立ったのはパッティングだろう。

 「この3日間、パッティングが支えてくれました。ショットが楽天スーパーレディースとは比較にならないほどだったから…」といい、「幸いなことに、雨の影響がありグリーンでボールが止まる。これを利用できないかと考えた。パッティングで何とかしたい。振り返ってみると、挑戦した3日間だと思います」と加えた。

 またひとつ、新境地を開拓。プロになって継続するさまざまな取り組みが、少しずつ結果になってきた。プロテスト受験から専属トレーナーをつけ、ケアを怠らず、トレーニングを重ねている。「アスリートとしての準備です。最近、体がとても良くなっていることを実感している。トレーニングはきついけど、いいことばかり」。前向きに取り組んだ先行投資の賜物をアピールする。

 一方、最大の武器にしているパッティングにも、常に進化を求めた。「どんなに良いストロークをしても、ラインが合っていなければボールはカップヘ入らない。どんなグリーンでも、ラインを読む練習をしている」と明かし、もうひと工夫があることも。「足を使って傾斜などを確かめる。これは高校時代から。足の感覚で勉強することも大事です」と話した。

 つまり足裏まで使って、五感を研ぎ澄ませ、シックスセンスを養っている。すらすらと言葉にしてしまうことができるのは、自身が十分に理解して取り組んできた証。続けて、プロとして、見られることも意識していることを語った。

 「9月になって、秋先取りメークです。目、口、チークへオレンジ、イエローを配色している。楽天の優勝写真と今回は違いますよ」とも。会見の話題は多彩だが、最も印象に残ったのはPOで戦った岡山への称賛だった。

 「テレサ・ルーさん、岡山さんのスイングがあこがれです。体と腕がまったく緩まないで全身を使う。フィニッシュまでとにかくすごい。これがショットメーカーという見本のようなスイング。ずっと、ずっとお二人を参考にしてきました。もちろん、これからも-」。慢心することなく精進を続ける。

(メディア管理部・鈴木 孝之)  

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter