ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.9.9

最新情報ー日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯ー明日へひとこと②

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 静ヒルズカントリークラブ(茨城県)第1日

安田祐香(11位タイ:-2)
「あすは午後スタート。天気はきょうよりはいいでしょう。でも、セッティングは難しくなる。長いパー4でパーセーブをすることをがんばりたい。(今日は)パッティングがいい感じでした。よく入りました。後半、1-3番はピンチでしたが、しっかりパーセーブできたことも良かったです」

稲見萌寧(11位タイ:-2)
「まずはティーショットを安定させたい。あしたは風が吹く予報。耐えながら少しでも伸ばしていきたい。(今日は)結果的にはアンダーでよかった。天気を考えるとパープレーかなぁと思っていた。ドライバーが曲がり、ラフから打つことが多く、耐える一日だった。ラフだとグリーンを狙うのも難しい。その中でも、フェアウェイキープしたときはアイアンでピンそばに寄せ、バーディーをとれてよかった」

佐藤絵美(11位タイ:-2)
「(2アンダーは)上出来だと思います。あしたも恥ずかしいプレーをしないように頑張ります。(今日は)ショットの調子に不安があり、今回、宮本(勝昌)さんにショットの打ち方のアドバイスをいただきながらラウンドしました。違和感がありましたが、それを受け入れながらプレーできたことがきょうの結果につながったのでしょう」

鈴木愛(29位タイ:-1)
「まったく練習をしていませんでしたが、ドライバー以外はわりと良かった。後半、15番から(パッティングが)入らなかった。それが入っていたら、もう少し気持ちが楽になるのですが…。でも、アンダーでプレーできたので良しとします」

小祝さくら(42位タイ:0)
「いつもメジャーを獲りたいという気持ちでのぞんでいます。でも、なかなかうまくいきませんね。きょうもイーブンであまりいいスタートはできなかった。あした、しっかりまくれるように頑張りたい」

古江彩佳(87位タイ:+3)
「(明日は)まずは、自分のショットをしっかり打てればいいですね。(隔離で)しばらくゴルフをしていなかったので、なかなか試合勘というか、スコアメイクできなかった」

原英莉花(118位タイ:+6)
「あすはガンガン攻めるだけです。狙っていいスコアが出せるようにがんばりたい。(今日は)ティーショットが暴れてしまい、ラフからのセカンドばかり。その中で耐えての39なので、仕方ないとは思いますが、もったいないところもあるので何とも言えません。ここから1試合1試合重ねながら調子を上げていきたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter