ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.10.22

最新情報①ーNOBUTA GROUP マスターズGC レディースー明日へひとこと

<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

NOBUTA GROUP マスターズGC レディース マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)第2日

勝 みなみ(2位タイ:-7)
 「順調にアンダーパーで回れているので、あすも1つでも伸ばせるように頑張りたいです。前週、惜しかったので優勝したい。すごく良い位置です。
 きょうはショットが曲がっているところがあったので、これから修正して、あすに臨みたい」

笠 りつ子(2位タイ:-7)
 「良い感じで来ているので、残り2日間が楽しみです。
 (今日は)1Wもすごく良い感じに振れています。ショット、パッティングと全てが噛み合っている。戦略性のあるコースなので、一打一打集中して、しっかり置いていかないと(スコアを)落としてしまう」

菊地 絵理香(5位タイ:-6)
 「残り試合も少ないのですが、今週は自分の感触とイメージが近づきつつあります。ここで結果を出したいので、頑張りたい。
 (4連続バーディーは)ショットも感触が良くて、そこそこについたのが、入った。ロングパットも入りましたが、比較的いいミドルパットも入った」

穴井 詩(5位タイ:-6)
 「あすはパッティングの好調を維持しながら、ショットで何とかつけられるように、ラインが出せるようにしたいです。最終日を迎えて、ハーフターンして2打差だったら頑張りたい。離されないようについていきたいです。
 毎年ですが、17番のパー3だけが本当に攻略できない。来年、17番の攻略を期待していてください」

ユン チェヨン(8位タイ:-5)
 「きのうとショットの感覚が全く違います。これからショットを調整します。様子をみながら、アグレッシブにいくか、じっくりチャンスを待つか決めたい。
 (今日は)ボギー先行で苦しかったが、後半バーディーがとれてよかった。ミドルパットがよく入りました。(高速グリーンへの対応は)カップ付近でキレることが多い。最後の最後までラインを読み切ることを意識しています」

<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

脇元 華(8位タイ:-5)
 「(明日は)まだ折り返し地点。欲を出さずにいきたい。アイアンショットは悪くない。ドライバーが少し右へいくので、これから調整します。あとはパッティング次第ですね。
 (今日は)5メートルのバーディパットが入ったときは、狙ったところにスット構えて、パッと打てていた。時間をかけすぎないことが大事なのかなぁとラウンドしながら思っていた」

西郷 真央(8位タイ:-5)
 「あすはもっとグリーンが仕上がってくるでしょう。しっかりマネジメントして、スコアをまとめられるようにがんばりたい。アイアンが少し右にいくミスがありました。もう少し精度をアップしていきたい。
 (ナイスイーグル)222ヤードを5Wで4メートルにつきました。アゲインストだったので、届くかどうかギリギリのところ。集中して打ちました」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter