ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.10.23

最新情報①ーNOBUTA GROUP マスターズGC レディースー明日へひとこと

<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

NOBUTA GROUP マスターズGC レディース マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)第3日

西郷真央(4位タイ:-7)
 「この3日間、ピンポジが難しく、あすもかなり厳しい位置になるでしょう。対応できるように頑張りたい。もちろん目指すは優勝ですが、まずはやるべきことに集中したい。
 きょうは朝イチから強風で耐えるゴルフになると覚悟していた。出だしからなかなか流れに乗れなかったけど、早めにバーディーがとれたので、最終的にスコアを伸ばせてよかった。
 横風のときにどのくらい影響されるか、感覚を掴むのが難しかった。9番ホールでティーショットとセカンドが思った通りに打てたことで、そこからバーディーチャンスにつける内容にすることができた」

ユンチェヨン(4位タイ:-7)
 「具体的な目標を意識すると、自分らしいプレーができなくなってしまう。無心でプレーしたいと思います。
 (今日は)とにかく風が強く、読みが難しかった。気を付けながら、集中しながらの繰り返しでした。グリーンオンしても転がったりするので、そういうところも頭に入れて計算しながらプレーした。頭が疲れました」

<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

永峰咲希(6位タイ:-6)
 「あすはたぶん風がないでしょう。ということは、バーディーがたくさんでる。きょうのゴルフでは、まだバーディーがとれない感じがします。ショット調整をして、あしたはバーディーがたくさん取れるように頑張ります。
 (今日は)横風が吹いていることが多くて、縦距離を合わせるのが難しかった。ティーショットの調子も前半はイマイチ。絶対に行ってはいけないほうだけを気を付けながらプレーをしていました。逆に風があったからこそ、慎重にいけたのかもしれません。結果的には良かった」

<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

脇元華(6位タイ:-6)
 「久し振りにいい位置です。気合をいれて頑張りたい。凡ミスせずに、集中力を切らさないことが大事ですね。99%、QTに行かないといけません。もうこわいものもないです。首位と3打差ですけど、諦めずに最後までやり抜きたい。
 きょうは、耐えることができました。珍しく2回もバウンスバックが出来た。前半のバウンスバックは長いパッティングが入った。10メートル、下りのフックラインでした」

笠りつ子(8位タイ:-5)
 「(明日は)まだ狙える位置だと思う。しっかり自分のゴルフをしていきたい。
 (今日は)下りのパッティングがまったく打てていなかった。3パットが2回ある。上りはしっかり打てています。下りのタッチが合わなかった」

金澤志奈(8位タイ:-5)
 「(明日は)バーディーチャンスにたくさんつけて、一打でも多く伸ばせるように頑張ります。まだ(優勝を)狙える位置にはいると思う。ベストを尽くします。
 (今日は)風とうまく付き合えませんでした。気温も低めで寒かったので、体に力が入ってたのかなぁ」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter