ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.4.8

気配一変 大里桃子が今年も来た

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGAツアー2022シーズン第6戦『富士フイルム・スタジオアリス女子オープン』(賞金総額1億円、優勝賞金1,800万円)が4月8日、埼玉県・石坂ゴルフ倶楽部(6,475Yards/Par72)で開幕した。好天に恵まれ、大混戦ムード。6アンダーで大里桃子が今季初の首位スタートを決めた。4アンダー、2位タイは大山志保、福山恵梨。ディフェンディングチャンピオン、稲見萌寧が3アンダー、4位タイにつけ、3週連続優勝がかかる西郷真央は1アンダー、27位タイで大会第1日を終えた。
(天候:晴れ 気温:19.2℃ 風速:1.2m/s)
《グリーン=スティンプ:10 3/1フィート コンパクション:22.5mm》

 歴史は繰り返す。ミス・メイの異名がある大里桃子が、私の出番-を想起させるようなロケットスタートを決めた。「ミス・メイといわれるようになって、いい反響がありました。ありがたいです。今年はどうなるかわからないけど、皆さんへ印象づけられるような活躍をしたい」と言葉が弾む。

 昨年、急浮上のきっかけをつかんだのは、前週のヤマハレディースと今大会だったのだ。その後、5月の5試合でうれしい優勝を含む、5週連続2位タイ以上というJLPGAツアー史上初の快挙を達成。約4452万円を稼ぎだし、大いに話題を集めた。

 「ヤマハレディースは素晴らしいコース。特にグリーンの仕上がりが抜群です。難しいコースだけど、きれいなグリーンでボールの転がりがよくわかる。パッティングの不調に悩んでいて、ヒントをみつけた」という。それを直後の今大会で実践し、8位タイと21年初のトップ10フィニッシュ。快進撃の源になった2試合なのだ。

 今年も同様の流れで、調子が上がっている。「前週までショットが不調でした。でも、きのうからボールをうまくつかまえられるようになっている。ちょっとだけ、ハンドファーストにしただけ。イメージ通りの球筋が出るようになった」そうだ。

 この日は加えて、パッティングが絶好調。まるで、魔術師のようにミドル、ロングパットを決めた。4番の右前7メートルが最も印象に残ったが、本人が自賛したのはパー3の13番。右横3メートルのバーディートライは、「すごいフック。90度ぐらい曲がるラインでした」と解説。しかも、5種類のグリップの握り方を駆使したことを加えた。

 「次週は(故郷の)熊本で試合がある。今年は、ずっといまひとつの感触だったからどうにかしたい。必死でした。いいスコアにビックリ。とても良いスタートです。今年初めてかなぁ」と笑顔をのぞかせ、「しかし、スコアが伸びるコース。私も、もちろんあすも伸ばす。良かった感覚を忘れないように、練習をします」と続けた。

 一度波に乗れば、驚くほど好調期間が長いことも特性だ。ミス・メイとは限らない。ミス・エイプリルの響きも、なかなかだ。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー